FAQ

採用に関して

  • 応募の方法について教えてください。

    まずはエントリー登録してください。エントリー登録はこのホームページ上でできます。
    またマイナビからもエントリー可能です。
    (学校推薦で応募される方もエントリー登録してください。)

  • 選考方法について教えてください。

    エントリー登録いただいた方で、「会社説明会」を希望される方には、日程が決まり次第、ご案内をメールでお送りいたします。 「会社説明会」の予約は、当社の「マイページ」から行ってください。 なお、「会社説明会」への参加・不参加は任意で、選考には関係ありません。 また、エントリーシートは、「マイページ」から必要事項を入力し提出してください。 詳しくは、日新製鋼を志す方へ>採用プロセスをご覧ください。

  • OB・OG訪問したいのですが、紹介してもらえますか。

    「学校の先輩に会って会社のことを聞きたい」という皆さんのご希望は理解していますが、全員のご希望に添いかねるため、OB・OGの紹介はしていません。 「会社説明会」で配布する採用パンフレット、ホームページ、さらには会社説明会や面談の中で、仕事の内容や会社の雰囲気を感じ取ってください。

  • 職種別や地域別の採用はありますか。

    皆さんは将来、日新製鋼の基幹を担う「総合職」として採用いたします。 「総合職」では「職種別」や「地域別」の採用をしていません。

  • 何か必要な資格はありますか。

    応募に当たって必要な、あるいは有利となる特別な資格はありません。 資格を取得した意欲やその過程で学んだことを、入社してからどう活かすかが大切です。

  • 出身学部・学科は応募資格や仕事と関係がありますか。

    技術系については、金属・材料分野、機械分野、電気・電子・制御分野、化学分野、物理分野、建築・土木分野、経営工学分野などの方を募集いたします。 初任配属ではそれぞれの専門に応じた職場に配属しますが、仕事を通して他の分野の知識も吸収した後は、異なった職種に異動することもあります。
    事務系については、特に学部・学科に制限はありません。もちろん理系の学科の方でも応募できます。

仕事に関して

  • 最初に配属されるのはどこですか。

    初任配属は技術系・事務系問わず、製造所、または研究所が原則です。 「モノづくり」の現場の近くで仕事の基礎を身に付けた上で、事務系の方であれば通常数年後には全国の販売部門や本社の管理部門に異動になります。

  • 配属先はどう決まるのですか。希望は聞いてもらえますか。

    配属は、選考・内定時にお聞きした「本人の希望」や「皆さんの適性」そして「社内各部門からの配属要望」などを総合的に勘案して決定いたします。 全員の配属が希望通りになることは困難なので希望と異なることもありますが、人事部門では皆さんの可能性を最大限活かせることを念頭に配属を決定します。

  • 海外に勤務する機会はありますか。

    経済のグローバル化に伴い、当社のビジネスのフィールドは世界中に拡がっています。 事務系・技術系を問わず、米国・中国・タイ・シンガポール・インドなどの海外事務所や合弁会社の他、世界各国での技術協力のために、現在数十名の社員が海外活動を展開しています。

  • 職場の異動や転勤の頻度はどのくらいですか。

    皆さんは勤務地や職種を限定しない「総合職」として採用いたしますので、異動や転勤もあります。 しかし、異動の頻度や経緯については、事業の状況、所属部門の特性や事情、本人の希望や事情などにより様々で一律ではありません。
    当社では毎年、1年間の業績を自ら振り返る制度があり、その時点で上司と話し合っていただく機会を設けています。 この機会に今後の異動についても皆さんの要望を確認することになっています。

人材育成・厚生制度に関して

  • 新入社員研修について教えてください。

    人材育成として1年間の新入社員教育プログラムを実施しています。 まず、入社直後に当社の業務内容や制度、鉄鋼業界に関する講義、工場見学および製造所での三交代製造実習、本社・支社・支店での販売・商品開発実習など約3ヶ月間の導入教育があります。 三交代製造実習では、実際の「モノづくり」に触れることで自社製品の製造過程をより理解していただきます。
    配属後はそれぞれの部署で、約1年間のOJTやOFF-JTを通して業務に必要な知識やスキルを身に付けていただきます。
    詳しくは、日新製鋼を志す方へ>人材育成「新入社員教育プログラム」をご覧ください。

  • 社員の教育・育成制度について教えてください。

    人材育成については、職務を通して知識やスキルを学ぶOJTをベースに、資格に応じて合宿形式で実施する階層別研修(6段階)、販売・財務・法規や技術・設備などの部門毎に実施する研修や社外セミナーで業務に必要な知識やスキルを身に付けていきます(部内研修)。 また英語・中国語などの語学研修、海外のロースクール・MBAなどへの留学等、国際化に対応した要員の育成も行っています。
    詳しくは、日新製鋼を志す方へ>人材育成「OJT/OFF・JT」をご覧ください。

  • 独身寮や社宅はありますか。

    福利厚生の一環として独身寮と社宅を完備しています。 勤務地に関わらず一定の条件を満たす希望者は独身寮に入寮できます。 独身寮は1人1室で冷暖房完備です。 また扶養者がいれば、希望者は全員社宅に入居できます。 但し、当社所有の独身寮や社宅のない地域では、借り上げで寮・社宅を準備します。

会社に関して

  • 環境への取り組みについて教えてください。

    当社は生産活動全般において環境保全・省エネルギー・資源リサイクルなどに積極的に取り組み、効率化と環境負荷低減を推進しています。 また、省資源、長寿命化など持続的発展が可能な社会を目指した商品の開発・普及に取り組んでいます。

  • 研究・開発体制について教えてください。

    研究・開発体制は、当社の特徴である高付加価値の表面処理製品やステンレス製品、また、特殊鋼・普通鋼製品などの材料開発および加工・接合技術の各専門分野を5つの研究所で研究開発する体制をとっています。 各研究所では、顧客ニーズに密着した提案型の研究開発を行うとともに、製造部門、商品開発部門と連携し、研究成果をスピーディかつスムーズに商品化できるように取り組んでいます。
    また、創立50周年を記念して、F‐Tech.Plazaを設立。ここは、よりお客様に近い立場で、①お客様の潜在ニーズ発掘・新規マーケット創出の活動起点、②当社グループの商品・技術の開発提案力のアピールの場として期待されています。