人材育成

日新製鋼では、個人の意欲、チャレンジ精神を尊重した独自の人材育成を実施しています。

新入社員教育プログラム

4月 新入社員導入教育

社会人としての基礎の形成と会社の概要把握を目的とした合宿研修に参加します。

4~5月 製造実習

導入教育終了後、原則として配属予定の工場で3交替勤務を含めた現場実習を行い、メーカーの原点である生産現場を実体験します。

6月 販売・商品開発実習

現場実習修了後、製造メーカー社員としてお客様との接点となる販売・商品開発の現場を体験します。

6~12月 新入社員OJT

配属後、配属部署の先輩社員がOJT指導員として指名され、マン・ツー・マン体制による指導が行われます。 10月頃、社内全工場を見学して、当社の製品ができるまでの製造プロセスを自分の目と耳で確認する機会(OFF・JT)が設けられています。

翌6月頃 新入社員後期研修

会社の事業内容をおおよそ理解することができる1年後、日新製鋼社員として業務に即した基礎知識の修得を目的に講習・講義を実施。 会社及び仕事への理解促進を目的とした研修です。

翌6月頃 フォローアップ教育

1年間の新入社員教育の仕上げとして、全国に配属されていた同期社員が一堂に会します。 各人の業務レポートのプレゼンテーションや、情報交換を含めた研修です。

OJT/OFF・JT

■ OJT(On the Job Training)
「仕事を通して人は成長する」を基本認識としてプロとして自律した人材の育成を図っています。 部門で必要とされる知識・スキル、態度・行動特性の習得について、一人ひとりの特性に合わせたOJTを計画的・継続的に実施しています。
■ OFF・JT
社員の集合研修や外部のセミナーへの参加。 また、海外のビジネススクールや、ロースクールへの2年間の留学もあります。