先輩紹介インデックス

お客様に届く直前の仕事
ひとつでもミスをしないため
入念な確認の中で仕事をしています。

ドロドロに溶けたオレンジの溶銑
目のあたりにした時の感動を
ぜひ味わってほしい。

普通鋼・特殊鋼生産推進センター呉生産推進チーム(呉製鉄所内)
普通鋼・特殊鋼生産推進センター
呉生産推進チーム(呉製鉄所内)
2016年入社/政治学科卒

私が所属する呉生産推進チームは、呉製鉄所で製造される鋼材の生産計画、契約管理、出荷管理を行っています。呉製鉄所で製造された鋼材の多くは、大阪、堺、東予などのほかの製造所に周りそこで最終的な加工を施されるのですが、私は呉製鉄所から直接お客様の元に届けられる製品の納期管理を担当しています。仕事の成果がダイレクトにお客様に影響を与える部署なので責任は重大。納品に向けて日々動く大量の人と製品の中では小さなミスひとつが納期に影響してくるため、緊張感を持ち確認作業を怠らずに仕事を進めています。

普通鋼・特殊鋼生産推進センター呉生産推進チーム(呉製鉄所内)

日新製鋼では入社後に、呉に唯一ある高炉の操業実習(三交替実習)があります。高炉は24時間365日停まることなく操業しており三交替で任にあたるわけですが、その実習のときにはじめて高炉から流れ出す溶け出した鉄(溶銑)を見ることができました。ドロドロに溶けたオレンジ色の状態を間近で見た時の迫力は今でも鮮明に覚えています。日新製鋼の一員になったことを強く感じるだけでなく、言葉では言い表せない高揚感の中で大きなやる気がめばえた瞬間でもありました。おおげさに聞こえるかもしれませんが人生の見方が変わるかもしれないので、一度は見ておくべきものであると確信しています。

私は、仕事において必要なのは視野の広さだと考えています。現在の仕事にフォーカスすることは最重要ですが、さらに一歩も二歩も引いて自分の仕事だけでなく呉生産推進チームとしての視点、さらに呉製鉄所としての視点、そして日新製鋼全体としての視点、この3つを常に意識して日々を送るように努めています。

先輩からのメッセージ

普通鋼・特殊鋼生産推進センター呉生産推進チーム(呉製鉄所内)

就職活動では、さまざまな業界の会社説明会に参加することができます。就職活動中に多くの会社、そして人に会うように心がけて下さい。その経験が社会人になった後の皆さんの力になると思います。

  • 次の人を見る(技術系)
  • 技術系から探す
  • 先輩の紹介 インデックス