先輩紹介インデックス

見学で目のあたりにした
ダイナミックな製鋼プロセスに感動して
就職を決意!

経理という裏方ながら
鉄の製造の一旦を担っている、
その自負を感じられる仕事です。

ステンレス製造本部周南製鋼所総務部経理チーム
ステンレス製造本部
周南製鋼所総務部経理チーム
2016年入社/企業法学科卒

就職活動中に製鉄所を見学する機会がありました。実はそれまでは製鋼業界にはあまり興味を持っていませんでした。しかし、鉄が作られるプロセスを目のあたりにしたとき、そのダイナミックさに圧倒され、鉄鋼メーカーで働きたいと心の底から思いました。それからは、製鋼メーカーを第一志望にして数多くのメーカーの説明会に参加しましたが、その中で日新製鋼はさびに強い鉄に強みを持っていること、他社にはない独自のやり方や技術を持っている会社だと強く感じることができて、入社を決意しました。

ステンレス製造本部周南製鋼所総務部経理チーム

現在の私は、冷延工程の原価計算と棚卸資産の製品・半製品の担当をしています。例えば、冷延工程の原価計算とは他の製造所からきた熱延材(ホットコイル)が周南製鋼所の冷延工程を通って製品となるまでにかかった製造原価の計算を行うことです。経理の仕事はさまざまな数字のデータを見る機会がありますが、配属された当初は、ほとんど知識のない状態だったため、そのデータがどのような意味を持つのか理解するのに非常に苦労しました。しかし、製造プロセスや実際の製鋼工程の流れを知ることで、今まで見えていなかった多くのデータのつながりなどが徐々に分かるようになってきたときは嬉しかったですね。今では、入社前に感動した鉄を作りだす工程の一旦を担えるようになった、そんな実感を覚えています。

先輩からのメッセージ

ステンレス製造本部周南製鋼所総務部経理チーム

私は、就職活動をする中で今の仕事に興味を持ち始めました。就職活動中はさまざまな会社を見ることができる良い機会だと思うので、さまざまな業種の会社を訪問することで、自分が本当にやりたいことを見つけてください。もしダイナミックなものづくりに興味があるなら、鉄鋼業はこれ以上にない業種なのでお勧めです。

  • 次の人を見る(技術系)
  • 技術系から探す
  • 先輩の紹介 インデックス