先輩紹介インデックス

新入社員の頃から
自分で考える力を求められる
厳しさの中にある社員を大切にする社風。

若手でも発想、提案が許される環境で
頼られる設備屋になるために
勉強の毎日を送っています。

ステンレス製造本部周南製鋼所設備部設備技術チーム
ステンレス製造本部
周南製鋼所
設備部設備技術チーム
2016年入社/
大学院卒・電気電子工学専攻

私は大学時代に『鉄板に力を加え折り曲げるとその電気的性質はどう変化するのか』という研究を行っていたこともあり、鉄鋼業界に興味を持っていました。就職活動では重点的に鉄鋼メーカーを回りましたが、日新製鋼は他社と比較しても従業員の教育に力を入れていること、若手の頃から大きな仕事を任せてくれることが大きな特長だと感じて入社を決めました。日新製鋼では社員を「人財」と呼んでいます。社員一人ひとりを財産だと考えて大切にしてくれていることが分かります。それは、若手に対する教育にも表れており、充実している新入社員研修だけでなく、部署に配属された後も、例えば提出する文書ひとつとってみても、「何を根拠に、どういう考えで提出しているのか」「この文書がどういった意味を持つか認識しているか」などを、しっかり理解していることが求められます。言われたことをそのまま行うのではなく、自ら考え提案する力を育むための成長機会を与えてもらっていることを実感します。

ステンレス製造本部周南製鋼所設備部設備技術チーム

私は現在、日新製鋼のステンレス製造の拠点である周南製鋼所の、製造設備の新設や改造・更新を行う設備部において、電気系出身であることを活かして照明や所内外灯など電気的な設備の更新・設置を行うことで生産活動をサポートしています。あるとき担当した工事では、ラインに「ON OFF」の切り替えスイッチがひとつしかなく、スイッチが壊れてしまうと停止ができなくなるという問題が発生していました。そこで、緊急時に緊急停止できる押しボタンを設置したところ、現場の作業者の方から「ほしいと思っていた」という言葉を聞くことができました。自分の行った工事が役に立っていると実感することができるとともに、これからも頼られる設備屋になるため、より一層勉強し多くのことを身に付けていきたいですね。

先輩からのメッセージ

ステンレス製造本部周南製鋼所設備部設備技術チーム

就職活動は、人生で1回だけの多種多様な業種に触れることができる良い機会です。世の中には、これまで知ることのなかった実に多くの種類の仕事が溢れています。早くから業種や職種、会社を決めてしまうことなく、広い視野で取り組んでみることをお勧めします。

  • 次の人を見る(技術系)
  • 技術系から探す
  • 先輩の紹介 インデックス