先輩紹介インデックス

70万トンものステレンレスを
生産する拠点
安定操業がミッション。

充実した研修体制が
若手にも仕事を任せられる風土を
醸成しています。

ステンレス製造本部周南製鋼所設備部設備技術チーム
ステンレス製造本部
周南製鋼所
設備部設備技術チーム
2016年入社/
大学院卒・機械工学専攻

日新製鋼のステンレス製造の中核である周南製鋼所は、年間で約70万トンものステンレスを生産しています。生産量や品質を保つためには製造所の安定稼働が必須条件です。私が所属する設備部は、各ラインの設備の保全や改造、さらに新設備の導入を行っており、その中で私は設備改造や設備導入の業務を通して周南製鋼所の生産量や品質の向上に寄与しています。

ステンレス製造本部周南製鋼所設備部設備技術チーム

設備の改造には、設備に関わる現場の人たちが満足に安全に操業できる改善であることが求められます。最初は分からないことばかりなので、操業や保全のスタッフ、さらにはメーカーの方々に教えてもらいながらの業務でしたが、最終的に設備を無事に改善することができて、現場の人に「ありがとう」と言ってもらえたときは、喜びとともに大きな達成感を得ることができました。僅かですが周南製造所に貢献できた、と思えたひとときでした。

日新製鋼には、若手の頃からさまざまな仕事を任さてくれる社風があります。その背景には研修が充実していることがあるからだと感じています。鉄がどのように製造され、販売され、お客様がどのように活用されているか、入社後は一から学ぶことができ、研修期間終了後も勉強したいことは積極的に学ばせてくれる体制があるので、自分自身が大きく成長し活躍できる舞台があることが大きな魅力です。技術は日々進化し、競合他社も日々力をつけてきます。しかし、その中で、設備部が一体となってより良い設備を造り上げることで、日新製鋼がステンレスのトップメーカーであり続けること、それが私の目標です。

先輩からのメッセージ

ステンレス製造本部周南製鋼所設備部設備技術チーム

就職は人生の分岐点です。会社の規模に惑わされず自分のやりたいことを軸に考えるようにしてください。その軸を持って就職面接に臨めば、口下手でも気持ちは必ず伝わります。
日新製鋼の面接では、鉄への思いや日新製鋼への思い、部活や研究への思いを重点的に聞かれ、個々の能力に加えて、人柄を重要視しているように思いました。同期も鉄に情熱を持ち個性溢れる人が多く、社員は皆活気に満ちているいい会社ですよ。

  • 次の人を見る(技術系)
  • 技術系から探す
  • 先輩の紹介 インデックス