先輩紹介インデックス

日々発生するトラブル対策は
現場の声を聞くことで解決する。
ハードだが、やりがいは大きい。

お客様一人ひとり
社員一人ひとりに目を配ることができる
自慢の会社です。

大阪製造所生産技術チーム
大阪製造所 
生産技術チーム
2016年入社/応用理工学科卒

製造所の設備の改造や設定の見直しを行う生産技術チームで、私は精整ラインを担当しています。精整ラインとは、圧延機を通して一定の厚さに伸ばされた鋼板を、お客様が指定された幅に裁断する設備で、形状不良や疵が生じていないかチェックすることが重要な仕事です。製造所では基準通りに製造していても、日々何かのトラブルが発生します。問題が発生した場合は、その原因を明らかにし、対策を講じねばなりません。そのためには、設備や作業方法に関する深い知識が必要になります。本や資料で勉強することもできますが、一番重要なのは現場で生の声を聞くことです。そこには文書からは得られない、さまざまなヒントが隠れています。ハードですが大きなやりがいがある仕事です。

大阪製造所生産技術チーム

大学時代に鉄鋼関連の研究室に所属しppmオーダーで性質が変化する鉄という材料を面白いと思っていました。また、鉄という素材はこれからの社会でも必要不可欠だと考え、鉄鋼メーカーを志望しました。その中でも日新製鋼はお客様中心主義を掲げ、一つひとつの要求に応えようとする姿勢に惹かれました。また社員に対しても、一人ひとりを実によく見てくれているとともに、若いころから大きな仕事を任せてくれる土壌もあります。

今はまだ、自分の身の回りのことで精一杯な現状ですが、製造所内に広くアンテナを張り、事務所や現場の方との会話を通して視野を広げ、製造所全体の動きを把握できるようになることが目標です。そしていずれは小額ではない設備改造を自らの手で行えるようになりたいですね。

先輩からのメッセージ

大阪製造所生産技術チーム

悩む時期ですが、本当に自分のしたいことと企業理念とを照らし合わせて、後悔のない判断をしてほしいです。また、視野を広げて、少しでも興味をもった会社なら、説明会やOB訪問等を積極的に活用していきましょう。入社前の今だからこそ、入社後には得られない情報や、これまでになかった考え方を知ることもできます。

  • 次の人を見る(技術系)
  • 技術系から探す
  • 先輩の紹介 インデックス