先輩紹介インデックス

新入社員のうちから
研究開発で新しい発見を得ることができた。

会社の主力となる製品開発を目標に
勉強と研鑽の日々を
送っています。

グループ開発本部鋼材研究所鋼材第二研究チーム(呉製鉄所)
グループ開発本部
鋼材研究所
鋼材第二研究チーム(呉製鉄所)
2016年入社/
大学院卒・マテリアル工学専攻

鋼材研究所は、日新製鋼の主力商品の一翼を担う普通鋼・特殊鋼の開発や生産プロセス改善などに関する研究を行っており、私は特殊鋼を研究するチームに所属しています。入社1年目にして既に1件の研究テーマを与えられて、新規鋼種開発に向けて実験と勉強を重ねる日々を送っています。研究開発における喜びは「発見」です。実験では予測したものと全く異なる結果が出ることがありますが、新入社員の私にも期待以上の結果に出会うことがありました。自分の予想と異なる結果が出たわけですから、原因を考察し偶然ではないことを再度検証する必要がありますが、そのような作業も「発見」した喜びによる高いモチベーションの中で進めることができました。

グループ開発本部鋼材研究所鋼材第二研究チーム(呉製鉄所)

私は就職活動を始めてから、非鉄メーカー、部品メーカー、機械メーカーなどさまざまなメーカーの説明会に行って話を聞き、多くの工場も見学しました。するとどこに行っても必ず目に入るのが鉄なんです。もともと鉄鋼分野には興味がありましたが、鉄の重要性を再認識するとともに、原料から鉄を作りだしたいと思うようになり製鋼メーカーに志望を絞りました。日新製鋼を選んだのは、規模が大きすぎず、自分というものをアピールできると考えたからです。

将来的には会社の主力製品の開発に携わりたいです。鉄鋼はひとつの契約で何百トンもの取引が行われることもある、社会に大きな影響を与える分野です。自分が作った鉄鋼製品がより多くの人に利用してもらうことで社会の役に立てるように、より良い製品の開発を目標にしてがんばっています。

先輩からのメッセージ

グループ開発本部鋼材研究所鋼材第二研究チーム(呉製鉄所)

おなじみの林修先生が「どうしたら幸せになれるか」という質問に答えている場面をテレビで見ました。その結論は「やりたいことより、できることを仕事にする」というものでしたが、新入社員にできることは限られていますよね。だからこそ「最初は『学ぶ』ことが自分にできる仕事」という日新製鋼の方針を誇りに感じました。私の現在は自分の「できること」を増やしているときですが、皆さんも多くの「できること」と出会える就活となることを祈っています。

  • 次の人を見る(技術系)
  • 技術系から探す
  • 先輩の紹介 インデックス