先輩紹介インデックス

学生時代の学びより
奥深い知識を得ることができる
喜びがあります。

真の技術屋になるため
毎日が勉強の日々。
研修制度も充実しており
大きく成長できる会社。

衣浦製造所生産技術チーム
衣浦製造所
生産技術チーム
2016年入社/大学院卒・物質工学専攻

私は大学院で金属学を専攻したこともあり、社会の基盤となる製鋼関連の会社への就職を希望していました。あるときに日新製鋼の工場見学をする機会があり、社員の方から「日新製鋼は少数精鋭で操業しているため、責任は大きいがその分やりがいがある」という説明を聞きました。工場では実際に従業者全員が一丸となって迅速に仕事を遂行している姿を見ることができて、この会社で働きたい、と強く感じたのが入社を考えたきっかけになりました。

衣浦製造所生産技術チーム

入社して配属されたのは、衣浦製造所の溶融炉が無事に操業できるように管理するチームです。金属学を専攻していたといっても溶融炉については分からない事だらけで、日々が勉強の毎日です。それでも業務を積み重ねることで溶融炉への理解が深まり、自分が進歩していることが分かる喜びを感じています。今では操業の状況から起こる事をある程度まで予測できるまでになっています。

私が担当している溶融炉は連続操業を行うため、少しでも操業方法が変わると大きな問題が発生する可能性があります。そこで私は、問題を未然に防ぐため日々集計する実績を操業方法と結びつけるようにしています。操業と実績の相互関係を調査することで日々の操業の問題点が抽出されるので、それらを参考にし、現場の方とともにより良い操業を実現させています。技術屋として当たり前の事ですが、「トラブルの兆候を見定め、発生する前に対策を行う」を常に念頭に置いています。

日新製鋼は、新人の教育に力を入れています。三交替実習や販売実習などでは長期間の研修も設けられており、研修を通じて自分が関わっていないラインのことや、会社の全体像、関連する会社についても理解することができました。研修期間後のOJTも含めて新入社員時代にしっかりとした教育を授けてくれる会社です。

先輩からのメッセージ

衣浦製造所生産技術チーム

いつでも物事に対して「何故?」と疑問を持つことは非常に重要だと思います。疑問を持った上で、自分でその理由や原因を考えること。また、できるだけ多くの人から話を聞き、自分の考えは正しかったのかを知ること。このような方法で浮かんだ疑問をひとつずつ解決していくことが、物事を見極める力を付けるための一番の方法だと思います。

  • 次の人を見る(技術系)
  • 技術系から探す
  • 先輩の紹介 インデックス