先輩紹介インデックス

先輩の厳しい指導のもとで、
成長を実感する日々。
ゆくゆくは、日新製鋼を、自分の手で
世界中から必要とされる会社にすることが夢。

お客様と生産現場、
その両方に近い職場は、
細やかな気配りが必要だが、
学べることはとても多い。

普通鋼・特殊鋼生産推進センター市川生産推進チーム(市川製造所内)
普通鋼・特殊鋼生産推進センター
市川生産推進チーム(市川製造所内)
2015年入社/国際教養学部卒
現在は、特殊鋼販売部 特殊鋼輸出チームに勤務。

市川製造所は日新製鋼の東の拠点として、堺・東予・周南などの工場で生産された冷延コイル(薄く延ばされたロール状の鉄)を素材として、めっきや塗装を施した表面処理鋼板と呼ばれるものを生産しています。生産された鋼板は、直接お客様にお納めすることになるため、お客様との距離が近い工程を担う製造所です。めっき設備や塗装設備の製造工程計画作成や、製品の納品対応を行う生産推進チームの中で、私は塗装設備を担当しており、お客様からご注文を受けた屋根材や外装材の製造を、生産ラインに落としこむことが仕事です。仕事を進めるにあたっては、契約内容や納期などのお客様のご要望に細やかな対応をすることが求められています。

普通鋼・特殊鋼生産推進センター市川生産推進チーム(市川製造所内)

小さなミスひとつがお客様にご迷惑をかけることにもなりかねません。ミスを起こさないことが一番ですが、ミスをしてしまったときには、チームの先輩が厳しく指導してくれます。厳しい指導をされることで、なぜミスを起こしてしまったのかを、自らの頭で分析する力を伸ばすことができます。先輩の厳しい指導の裏にある後輩である私への優しさを日々感じることができる職場です。最近では、短納期の契約を工程に追加する作業や直近の工程計画の確認作業を任せてもらえるようになりました。ひとつずつ自分一人でできることが増えていくのは、とても嬉しく感じる瞬間です。

今はまだ経験が浅いので、職場で人から頼りにされる人財になるために全力で仕事を覚えています。営業が身近な部署ですので、営業と生産現場のつながりをしっかりと理解した上で、目標とするのは世界をフィールドに戦う営業マンになることです。自分の手で日新製鋼を、建材や自動車部品はもちろんあらゆる分野において、世界中から必要とされる会社にしたいと思っています。

先輩からのメッセージ

普通鋼・特殊鋼生産推進センター市川生産推進チーム(市川製造所内)

鉄には世界を変える力があると私は信じています。そして、日新製鋼だからこそ実現できることがきっとあるはずです。皆さんがこれまでの人生で経験してきたことすべてがかけがえのない財産であり、武器です。その武器を使って、スケールの大きな舞台で一緒に戦いましょう。熱い気持ちを持った方の入社を楽しみにしています。

  • 次の人を見る(技術系)
  • 技術系から探す
  • 先輩の紹介 インデックス