先輩紹介インデックス

日新製鋼は、
仕事を教える前に、
人を育ててくれる会社です。

手を上げれば誰にでも、
海外勤務のチャンスがある。
夢を実現させるための第一歩は、
輸出関連の手配をやり遂げること。

ステンレス製造本部ステンレス製造統括センター生産推進チーム
ステンレス製造本部
ステンレス製造統括センター 生産推進チーム
2015年入社/文学部卒

日新製鋼への入社を決めたのは2つの理由からです。1つは充実した福利厚生。私は就職活動にあたって「一生働きたいと思える会社、一生働ける会社」を選びたいと思っていました。日新製鋼でもとくに周南製鋼所は、夏祭りや冬のマラソン大会、餅つきなど社内イベントが充実しています。社員同士のつながりを大事にする、社員を大切に考えてくれる会社だと思いました。入社してからもさまざまな研修を通して新入社員である私たちを「しっかり見よう、知ろう」としていることが良く分かり、両親に研修の話をしたときには「日新製鋼は仕事を教える前に人を育ててくれる素敵な会社だね」と褒められたほどです。

ステンレス製造本部ステンレス製造統括センター生産推進チーム

もう1つの理由は、手を上げれば誰にでも海外で働けるチャンスが与えられることです。海外で仕事をすることが夢だった私にとって願ってもない会社でした。現在の私の仕事は、ステンレスの輸出製品の担当として船による出荷の手配です。海外勤務を希望する私にとってみると少しでも海外と接する機会がある理想的な仕事だと思っています。仕事の具体的な内容は、完成した製品をいち早くお客様のもとへ届けられるように配船計画を立てることです。日新製鋼の製品は、ひとつひとつがオーダーメイドなので、営業や生産現場さらに商社などと連携しながらお客様のご希望にあったものをお届けするように日々努めています。

入社したては、何度説明を受けても工場のラインの仕組みについて理解ができなかった私ですが、半年の間にさまざまな研修を受け、多くの先輩方からの教えもあって「私が担当です」と自信をもって言える仕事も増えてきています。「やりたいこと」だけではなく「やれることはなんでもやる」ことをモットーに仕事もプライベートでも色々なことにチャレンジしていきたい。入社したときは埼玉県から山口県に引っ越してきました。今では休日に釣りや、山の中で山菜採り、お祭りでお神輿を担ぐなど充実した日々をおくっています。

先輩からのメッセージ

ステンレス製造本部ステンレス製造統括センター生産推進チーム

私は就職活動の面接で、「あまり踏み込んだ質問はしてはいけない」と考えていたため、聞きたいことを聞けなかった、と反省しています。皆さんは本当に聞きたいことは必ず聞くようにしてください。日新製鋼に面接に来られたら、気になったことは積極的に聞いてほしいです。勇気が必要ですが、日新製鋼の面接官はきっと受け止めてくれると思います。後になって「あの時聞いておいてよかった!」と感じる場面があると思いますよ。

  • 次の人を見る(技術系)
  • 技術系から探す
  • 先輩の紹介 インデックス