先輩紹介インデックス

経理は数字を通して
会社全体を見通すことができる。
入社してすぐに経理に配属されたことは、
これからの会社人生で大きな財産になります。

仕事は多くの人との、
関わりが不可欠。
約束(スケジュール)を守ることで
信頼を得られるよう努めています。

呉製鉄所総務部経理チーム
呉製鉄所
総務部 経理チーム
2015年入社/文学部卒

呉製鉄所の総務部は、総務、人事、経理の3つのチームで、工場の生産活動がスムーズに進むためのサポートを行っています。その中で経理は、製品の生産にかかった費用(製造費)を把握・分析して関係部署に情報提供することが主な仕事で、私の仕事は呉製鉄所の圧延・発電所部門の製造費を把握し、コスト低減につながる情報を提供することです。 呉製鉄所は日新製鋼の鉄源を支える製造所です。圧延とは炉で生産された溶鋼が鋳造と呼ばれる工程を経てスラブと呼ばれる鋳造片に製鋼されたものを、圧延機という設備を通して延ばしていく工程です。製鉄所内には各工程に電気を供給するための自家発電設備があり、私の仕事の具体的な内容は圧延設備に電気を供給する発電所における製造費の管理です。

呉製鉄所総務部経理チーム

経理の仕事は、会計の知識だけでなく生産工程に対する理解が必要になります。数字を通して、会社の活動全体を見通すことができる仕事なので、入社直後のもっとも多くを吸収できる時期に経理に配属されたことは、自分にとって大きなプラスとなりました。また、呉製鉄所だけでなく本社やほかの製造所と呉製鉄所をつなぐ役割も担っているため、仕事で関わる方が非常に多くなります。そのような中できっちりと仕事を進めていくには、スケジュール管理がとても重要になります。スケジュールを守ることで周囲の信頼を勝ち得ることができて、仕事も円滑に進めていくことができるんです。

日新製鋼には先輩がとても丁寧になんでも教えてくれる企業風土があります。貪欲に興味をもって取り組める人にはとてもよい環境だと思います。私もまずは工場で得られる知識を吸収し理解した上で、さまざまなことを会社に提案していくつもりです。将来的には会社の経営方針に関わる仕事をすることが目標です。

先輩からのメッセージ

呉製鉄所総務部経理チーム

自分がやりたいこと、興味があることを強く意識することは大切です。ただし、就職した後の仕事がやりたいこと、興味あることとは限りません。そこで必要なのは、何に対しても興味を持つ姿勢だと思います。多くの説明会や面接に足を運ぶ中で接したことは、これまで興味が無かった分野であっても掘り下げて考えてみてください。そこに新しい可能性があるかもしれませんよ。

  • 次の人を見る(技術系)
  • 技術系から探す
  • 先輩の紹介 インデックス