先輩紹介インデックス

常にステンレス業界をリードしてきた工場で、
自分を磨き、
より良いステンレスを、
世に送り出したい

世界トップレベルの技術を誇る
製造所には、 技術だけでなく
学ぶべき「人」という財産もある。

ステンレス製造本部周南製鋼所冷延精整部冷延技術チーム
ステンレス製造本部 周南製鋼所
冷延精整部 冷延技術チーム
2015年入社/
大学院卒・先端エネルギー理工学専攻

周南製鋼所は、世界トップレベルの生産技術を誇るステンレス生産の拠点です。ステンレス生産の工程をおおまかにいうと、周南でつくられた厚い鋳造片であるスラブが呉製鉄所あるいは衣浦製造所で再加熱した状態で圧延機にかけられ(熱間圧延)薄く延ばされコイル状に巻かれます。そのコイルが再び周南に運び込まれ、さら再結晶以下の温度で圧延機で延ばされ(冷間圧延)製品となります。冷延精整部という部署はその冷延という工程でお客様が求める厚さ・製品特性・表面に仕上げる部署です。私の所属する冷延精整部冷延技術チームは、ステンレスの冷延・精整工程の生産性・品質の向上とコストダウンを目的にして技術改善に取り組んでいます。

ステンレス製造本部周南製鋼所冷延精整部冷延技術チーム

私の担当している仕事は、鋼板の表面に生じる色調、光沢などの違いの発生原因を工程解析や光学顕微鏡・SEM観察によって調査して、その結果を元に製造ラインの操業条件を変えてテストを行い改善につなげることです。1年目の今は分からないことが多いですが、チームの先輩や上司、現場のラインマンの方から丁寧にフォローしてもらいながら仕事を覚え、日々取り組んでいます。仕事は多くの部署や人の協力を得てはじめてできるものだと考えています。そのため、日々のコミュニケーションを大切にすることを心がけています。

ステンレスは鉄にNiやCrを混ぜて合金とすることで、高耐食、加工性、またステンレス特有の銀白色の表面を持ち合わせてさまざまな需要に応えています。日新製鋼は日本で始めて冷間圧延を行うセンジミア・ミルを導入しステンレスの量産時代を切りひらきました。その後もさまざま新技術を開発し、常にステンレス業界をリードしてきました。私はこの世界トップレベルの技術を持つ日新製鋼で、自分を磨き、より良いステンレスを世に送り出していきたいと思っています。

先輩からのメッセージ

ステンレス製造本部周南製鋼所冷延精整部冷延技術チーム

言われた事を遂行する能力も大事ですが、一番大切なのは自分が何をしたいのかを明確にし、そこに向かって行動できるかどうかだと思います。そのことで人との違いを出すことができて、自分を自分らしくすることができます。日新製鋼では若いうちから仕事を任せてもらえます。退屈に感じる仕事はなく刺激的な仕事ばかりです。そんな仕事がしたいと思える方は、ぜひ一緒に働きましょう。

  • 次の人を見る(技術系)
  • 技術系から探す
  • 先輩の紹介 インデックス