先輩紹介インデックス

日新製鋼の製造の源流
呉製鉄所で、
緊張感の中で、
日々多くを学んでいます。

職場に漂う緊張感は、
会社全体の製造の源だから。
学ぶことは多く、
やりがいもハンパじゃない。

呉製鉄所製銑部製銑技術チーム
呉製鉄所
製銑部 製銑技術チーム
2015年入社/
大学院卒・機会創造工学系専攻
現在は、呉製鉄所 製銑部 プロセス研究チームに勤務。

高炉メーカーである日新製鋼の呉製鉄所で、まさに高炉で鉄鉱石から銑鉄を生産するための部署が製銑部です。その生産プロセスは、原料、焼結、高炉の3つの部門に分かれています。「原料」部門は使用する鉄鉱石やそのほかの原料の管理を、「焼結」部門は原料のひとつである焼結鉱の生産を、「高炉」部門はこれらの原料から銑鉄を生産しています。現在私は、「高炉」部門で高炉の操業担当として日々の操業や高炉の保全計画に携わっています。日新製鋼の製造の源流となる工程ですので、職場には常に緊張感があります。ただし、その緊張感は、日新製鋼を支えているという強い想いによる仕事に対するやりがいに裏打ちされたものだと感じています。操業状況の確認やトラブル解決のためには現場に足を運ぶことも多く、多くのことを学ぶことができる職場です。

呉製鉄所製銑部製銑技術チーム

日新製鋼は高炉メーカーの中でも、薄板に強みがあること、「お客様中心主義」をうたっていることなど、独自の立ち位置であることに興味を覚えました。また、採用活動を通じて、面接が非常に丁寧で、私が緊張してうまく話せなかったときなどは面接官の方が場を和ませてくれるなど、人をよく観ようとしている事が伝わりました。研修もきめ細かく技術職の私でも営業現場を知るための研修もあり、実体験を通して学ぶ機会が多かったことも印象に残っています。

今はまだ目の前の業務を覚えることが再優先ですが、徐々に自分からさまざまな提案をして、会社に貢献していきたいです。

先輩からのメッセージ

呉製鉄所製銑部製銑技術チーム

まずは、自分のやりたいことが何であるのか、をじっくりと考えてみてください。その上で、そのやりたいこと、自分の性格や特性が、希望する会社やそこでの仕事に向いているのかを冷静に考える必要があると思います。日新製鋼は高炉メーカーという最大の特長を活かしながら、お客様のことを真剣に考えている会社です。もしもご縁があったら、是非一緒に働きましょう。

  • 次の人を見る(技術系)
  • 技術系から探す
  • 先輩の紹介 インデックス