先輩紹介インデックス

お客様からのクレームには、
ニーズが潜んでいる。
クレーム処理から新規開発へ、
お客様中心主義の会社だからできることです。

日新製鋼はお客様中心主義、
技術も大切ですが、
一番はやっぱり「人」とのつながりなんです。

大阪製造所品質保証チーム
大阪製造所
品質保証チーム
2015年入社/
大学院卒・機械システム工学専攻

私が鉄鋼メーカーを希望したのは、大学院で鉄系材料の研究をしていたので鉄鋼メーカーであれば研究を活かすことができると考えたことと、鉄系の素材は日本の「ものづくり」にとって重要な素材産業の中でも、絶対に不可欠なものだと考えていたからです。その中でも日新製鋼は、日本では数少ない高炉メーカーであることと、経営理念の中で「お客様中心主義」をうたっていて、ユーザーとのつながりを大切にしている会社であることに魅力を感じました。

大阪製造所品質保証チーム

現在の私は大学院の研究も活かすことができる、大阪製造所の品質保証チームで冷延管理グループに所属しています。冷延とは冷間圧延の略称です。大阪製造所の冷延は呉製鉄所で生産されて大阪製造所に運び込まれたコイルを、再結晶以下の低い温度でセンジミア・ミルという圧延機のローラーを通して薄く延ばしていく工程のことです。品質保証チームの主な仕事は、品質を維持・向上させるための生産ラインの設計や、品質不適合品の処理、新規開発案件に対する対応です。私は主にお客様からの品質に関するクレーム対応を担当していますが、クレームの中にはお客様のニーズが潜んでいることが多く、最近ではその経験を活かして新規鋼種の開発案件にも関われるようになりました。

少しずつ仕事の幅が拡がりつつありますが、入社1年目の現在はまだ先輩方に聞かなければ仕事を進めることができないことが多い状況です。生産現場のことをもっと勉強して、2、3年のうちには自分の考えで仕事を遂行していけるようになりたいと考えています。将来的には海外の拠点にも行って見聞を広めていきたいですね。

先輩からのメッセージ

大阪製造所品質保証チーム

私は自分の専攻分野を活かせることを考えて就職活動を行いましたが、専攻分野にこだわらずに色んな会社を見ておくことも必要だと思います。考えてみると、多くの業種を見学できるチャンスは今だけなんですね。その経験はどの会社に入ったとしても活かしていけるのではないでしょうか。最終的な理想は自分と一番合う会社に就職することですので、多くの会社を訪問して多くの人と会話をすることが大切だと思います。

  • 次の人を見る(技術系)
  • 技術系から探す
  • 先輩の紹介 インデックス