先輩紹介インデックス

新入社員の研究者にも、
アイディアを試せるチャンスがある。
ここには、研究者の醍醐味を
味わえる環境が整っています。

優れたアイディアは、
多様な人財と接することで産まれる。
日新製鋼には、
面白い人が集まっています。

グループ開発本部ステンレス・高合金研究所材料プロセス研究チーム
グループ開発本部
ステンレス・高合金研究所
材料プロセス研究チーム
2015年入社/
大学院卒・マテリアル生産科学専攻

日新製鋼グループ全体の次代を担う商品開発を行っているのがグループ商品開発戦略本部技術研究所です。その中のステンレス・高合金研究部は周南製鋼所内にあり、私が所属する材料プロセス研究チームはステンレス製造プロセスの改善についてメカニズム的な観点から研究しています。私の役割は、ステンレスの熱処理に伴う組織変化の調査とシミュレーションを用いた解析です。日新製鋼の技術研究所では実験中に発生した事象を見逃さないために研究者自身が実験を行うため、得られた実験データから研究のポイントに気付くこともあります。新入社員に与えられるテーマはある程度方向性が定まった研究課題であることが多いのですが、それでも自分のアイディア次第でより良い内容にすることができます。そのアイディアが悩んでいた別の研究の課題の一部を解決してくれることもあり、そのような発見ができることが研究者の醍醐味だと思います。日新製鋼には、経験の浅い研究者にもある程度自由に任せてもらえるという風土があります。

グループ開発本部ステンレス・高合金研究所材料プロセス研究チーム

日新製鋼は建材分野でZAMRやアルスターといった面白い製品を産み出しています。私は面白い製品を世に出すことができるのは、面白い人財が揃っているからだと思っています。研修中に同期と話しをしてみると、皆がとても個性的な人物であることに気づきました。配属された後の職場の先輩方も個性豊かで、会社として多様な人財の採用を心がけている、と感じました。さまざまな考えを持つ人たちとディスカッションすることで、考えの幅が広がり、新しい発見へと結びつけることができるかもしれません。私自身、好奇心を絶やさずに、新しい研究テーマを創出して、お客様と会社に貢献していきたいですね。

先輩からのメッセージ

グループ開発本部ステンレス・高合金研究所材料プロセス研究チーム

会社を選ぶときに、ひとつだけ譲れない条件を考えてください。そして受けようとしている会社がその条件にマッチしているかをじっくりと冷静に見極めましょう。入社した後には想像よりも良かったこと、悪かったことなど出てくるでしょう。でもその条件さえマッチしていたら悩みすぎることなく日々を楽しく過ごせますよ。

  • 次の人を見る(技術系)
  • 技術系から探す
  • 先輩の紹介 インデックス