先輩紹介インデックス

コア製品ZAMRの生産に携われることは、
大きな喜びです。
生産現場に近い部署で
多くの製品知識を吸収しています。

人とのつながりが財産です。
同期とつながりは研修で、
製造所内では行事に積極的参加することが
ポイントです。

日新製鋼建材㈱本社製造所鋼板工場 鋼板製造課
日新製鋼建材㈱本社製造所
鋼板工場 鋼板製造課
2015年入社/
大学院卒・ライフ・マテリアルデザイン専攻

市川製造所では、溶融亜鉛めっきなどのめっき鋼板、機能性や意匠性の高い塗装鋼板を生産しています。私の所属する製造課は、製品生産における品質向上を目的とした操業条件の変更、異常品発生時の原因調査と対策実施、生産コストの管理などを行っています。その中で私は、めっき鋼板の生産ラインを担当し、日新製鋼のコア製品のひとつであるZAMR、市川製造所でのみ生産しているGL鋼板の生産に携わり、日々品質改善を図っています。生産現場に最も近い部署であるため、多くの製品知識を吸収することができる仕事場です。

日新製鋼建材㈱本社製造所鋼板工場 鋼板製造課

ほかの部署や事業所と連携することが多いため、多くの先輩方と仕事ができることは大きなメリットです。また市川製造所内でも自分の担当ライン以外の部署を訪れることも多く、今では所内のほとんどの方に名前を覚えてもらい、気さくに声をかけてくれるようになりました。仕事以外での関係が将来的に仕事の助けになると考えて、声をかけてもらった行事にはできるかぎり顔を出して、多くの人と接点を持つように心がけています。

インターンシップで一度お世話になったときに、この会社で働きたいと思いました。日新製鋼の採用に関する連絡は常に早め早めだったので、他の会社へのエントリーに苦しむことなく就職活動を過ごすことができたのは大きかったですね。ちなみに内定をもらったのも最終面接の数日後でした。内定後は内定式、入社式そして合同研修と進みましたが、入社同期とのつながりをつくるために十分な時間が用意されていたと思います。

先輩からのメッセージ

日新製鋼建材㈱本社製造所鋼板工場 鋼板製造課

大学での研究と、企業での働き方は、大きく違いがあると感じています。自分の専攻をそのまま活かせる仕事は少ないでしょうし、活かせたとしても新しく学ぶことの方が多いでしょう。ですので、就職活動は、もう一度自分が真にやりたいことを考える機会にすべきだと思います。また、就職活動を通して、今まで名前すら知らなかった会社をたくさん知ることになるので、日頃は耳にしたことがない会社でも十分な企業研究を行うべきですね。

  • 次の人を見る(技術系)
  • 技術系から探す
  • 先輩の紹介 インデックス