先輩紹介インデックス

大きな仕事を任せられたときは
緊張とともに
大きなやりがいを感じます。

失敗を土台に
成長を積み重ねられる環境が
ここにはあります。

呉製鉄所圧延部圧延技術チーム
呉製鉄所
圧延部 圧延技術チーム
2015年入社/大学院卒・材料工学専攻

呉製鉄所の圧延工場では、加熱された鋳造片であるスラブを所定の板厚・幅の薄板に延ばし、その薄板を巻取ってコイルにする「熱延(熱間圧延)工程」と、そのコイルを酸性液に通して主に酸化物の除去を行う「精製工程」が行われています。圧延部の仕事は2つの工程を安定的に稼動させて、コスト削減や生産の効率化を図ることです。私が担当しているのは、新規鋼種や既定サイズ外コイルの生産条件を検討しテスト圧延を実施することです。テストといっても、実際の製造ラインで実物のスラブを使うので、できあがるのは製品と同じです。そのために不良の発生やライン停止を起こさぬよう細心の注意を払い、スラブの加熱条件から圧延機の各種設定まで詳細に検討します。

呉製鉄所圧延部圧延技術チーム

初めて技術連絡表を作成して発行したときは、大きな達成感を得ることができました。技術連絡表とは、会社の技術的基準を制定または変更する際に必要となる文書で、製造方法や各種システムの更新を行う際には必ず発行されます。会社の業務の一部を変更する事になる正式文書ですから、上司から捺印をもらうときには、「これで大丈夫だろうか」と非常に緊張したものです。

「鉄」は普遍的で社会への影響力が強いと考えて、鉄鋼メーカーに絞って就職活動をしました。その中で、日新製鋼は高炉と電炉を保有している点に興味を持ち、また生産量による利益の追求だけでなく、技術力に重点を置いていることにも共感しました。今はまだ失敗することもありますが、失敗したらしっかり振り返って反省するよう心掛け、自分のつまずきやすい弱点を把握して継続的に改善していくつもりです。新入社員のうちに知識の土台をしっかり固めて、将来は頼られる先輩社員になりたいですね。

先輩からのメッセージ

呉製鉄所圧延部圧延技術チーム

私は、製鉄所の中で最も迫力を感じた熱間圧延工程に従事したいという強い希望を持っていたので、面接では熱間圧延工程で自分が経験した事を活かす具体的な方法を話しました。面接での緊張はつきものですが、過度の緊張は禁物です。仕事にはより大きな緊張をする場面が待ち構えています。「緊張に耐えられるだろうか」と面接官を不安にさせないためにも、緊張を乗り越えて自分が個性を発揮できる場所とその根拠を伝えられるようにしてください。

  • 次の人を見る(技術系)
  • 技術系から探す
  • 先輩の紹介 インデックス