先輩紹介インデックス

研究職も研究だけではなく、
人間力が養われる。
それが日新製鋼の特徴です。

大学での専攻外の仕事であっても、
先輩方のサポートは万全。
自分の専門分野の知識を活かしながら、
新しい発見にチャレンジできます。

グループ開発本部加工技術研究所加工第三研究チーム
グループ開発本部
加工技術研究所加工第三研究チーム
2015年入社/材料物性工学専攻

技術研究所加工技術研究部は堺製造所内にあり、プレス、成形、溶接といった加工技術を、CAE解析(コンピューターシミュレーション)などを活用しながら研究しています。日新製鋼が生産した製品はお客様の元で必ず何らかの加工が施されるので、製品に最も詳しい日新製鋼の人間だからこそできる加工方法や技術の提案によって、製品の良さを理解していただくことが私たちの仕事です。私は主にプレス加工を研究するチームに所属していて、お客様が効率的に加工できるように試作品の分析・検討を行っています。

グループ開発本部加工技術研究所加工第三研究チーム

私の大学時代の専攻は鉄鋼材料の組織制御に関する研究でしたが、加工技術は機械系の知識が必要で、実際に仕事に取り組むと分からないことばかりでした。でも、自分が持つ材料分野の知識を活かして問題を解決できたときには大きな達成感を得ることができました。より大きな達成感を得るためにさらに研究に打ち込みたいと思っています。

就職先を選ぶときには、規模、給与、勤務地、企業イメージなど多くの判断基準があると思います。しかし数十年と働き続けることを考えると、長くともに働きたいと思える人がいる会社を選ぶことが一番だと思います。私は就職活動中に関わった方たちの中で、日新製鋼の社員の方にそのような想いを抱くことができました。現在でも実験室では、チーム内だけでなく多くの先輩方が多くの知識を教えてくれ、しっかりとサポートしてくれます。研究部門でありながら、多くの方と関わる中で研究の視野を広げることができて、その上で自分の手で主体的に研究取り組むことができるという環境は日新製鋼だからこそ、だと思っています。

先輩からのメッセージ

グループ開発本部加工技術研究所加工第三研究チーム

大学の勉強で得た知識は、就職した後も貴重な財産として自分の中に残り続けます。今学んでいる授業や研究にしっかり取り組んでもらいたいと思います。就職活動では、自分の研究テーマに関しては、ほかの誰よりも自分が理解しているという自信を持って臨むことが大切です。今後の人生を決める大きな岐路となるので、後悔のないようにがんばってください。

  • 次の人を見る(技術系)
  • 技術系から探す
  • 先輩の紹介 インデックス