先輩紹介インデックス

仕事を通じて出会いが広がる。コミュニケーションを大切にしている会社だからこそ、人脈は大きな財産になっています。

呉製鉄所 設備部制御技術チーム
呉製鉄所
設備部 制御技術チーム
2013年入社/
大学院卒・量子プロセス理工学専攻

私の所属する制御技術チームは、製品を安定的に低コストで生産するために既存設備の保全・管理・改善、または、新設備の導入を行う部署です。 呉製鉄所には、製銑、製綱、圧延の製造工程毎に分かれた3地区があり、私は圧延地区にある加熱炉のプロセスコンピューターを担当しています。 加熱炉は、スラブ(鋼の鋳造片)を圧延する前に適正温度まで温める設備で、より効率よく運用できる提案をすることが私の役割です。

呉製鉄所 設備部制御技術チーム

チーム内のコミュニケーションは良く、周囲には段取りが早く、機転が利き、仕事に対して真剣に取り組む尊敬できる多くの先輩方がいます。 時には厳しい言葉を頂くこともありますが、その分私を気にかけてくださり、個人の意見も尊重してくださいます。 これは、私の職場に限ったことではないと思います。 すでに面接で私は、日新製鋼が人と人との繋がり、そしてコミュニケーションを大事にする会社であるという印象を受けました。 私がリラックスできるように雑談を交えてくださるなど、他の会社に比べて非常に落ち着いて受け答えできたことを覚えています。 また、研修期間には、新入職員全員で3日間かけて100km歩くといったイベントもあり、同期との絆を深めることもできました。

さらに、新入職員一人に対し、先輩職員一人が付いて仕事を教えていくという制度があり、仕事に関することはもちろん、プライベートなことに関しても相談しやすい環境です。 一人で出来ることは限られており、仕事を行う上で多くの人と関わらなければなりません。 その関わりの中で自然と人脈が広がり、多くの方々と出会い親しくなれたことは私の財産となっています。

先輩からのメッセージ

呉製鉄所 設備部制御技術チーム

知らないことにも興味を持ち、学ぶ姿勢が大切です。学生のうちは、自分の専門分野だけ知っておけばいいというスタンスもある程度までは通じます。 しかし、会社には多種多様な業務があり、専門外の知識を要求されることがあります。 そのとき、学ぼうとする姿勢があるのとないのとでは理解の速さが違いますし、教える側としても受ける印象が違います。 それでは、皆さんお会いできることを楽しみにしています。

  • 次の人を見る(技術系)
  • 技術系から探す
  • 先輩の紹介 インデックス