先輩紹介インデックス

実験の進め方から考え方まで学生時代とは異なる新鮮な毎日。ここには、多くの学びとやりがいがあります。

ステンレス製造本部周南製鋼所設備部保全課
ステンレス製造本部 周南製鋼所
設備部保全課
2014年入社/大学院卒・機械系専攻
現在は、ステンレス製造本部周南製鋼所設備部設備技術チームに勤務。

日新製鋼は、ステンレス冷延鋼板のトップメーカーであり、それを支えているのが世界屈指の生産技術を誇る周南製鋼所です。私はここで、所内全ての設備をより良くするための新設備の建設、既存設備の改造・更新を行う設備部設備技術チームに属しています。私にとってより良くするというのは、最終的に日新製鋼がステンレスのトップメーカーとしての地位を守り続けることのできる設備体制を作り上げることです。技術は日々進化していくものであり、競合他社も日々力をつけて追随してきます。しかし、それに屈することなく常に日新製鋼がトップであり続けるよう、より良い設備を造り上げることが技術者としての私の夢でもあります。

ステンレス製造本部周南製鋼所設備部保全課

現在、私は周南製鋼所内のエネルギーを有効活用して省エネを図るための設備の新設を実施しています。機械担当として、投資効果を高めるために様々な業者や現場の方と話をし、工事を行うための準備を行うのが、私の仕事です。設備の建設・改造・更新を進めるためには、現場や業者の方々とコミュニケーションを取り、信頼関係を気付きあげなければなりません。チーム内は会話が多く、困ったことがあれば先輩社員に気軽に相談できる雰囲気があります。また、テニスを通じて他の事業所にも知り合いが増え、人の輪を拡げています。非常に働きやすい職場の中で多くの方々に助けられながら、私は毎日を夢の実現に向けて頑張っています。

先輩からのメッセージ

ステンレス製造本部周南製鋼所設備部保全課

自分がしたいことを明確にすることです。私の場合は様々な産業の基盤になる鉄に関わりたいと思い、鉄鋼業界を選択しました。その中で日新製鋼はお客様中心主義を掲げており、お客様を実感しながら、仕事ができるのではないかと感じ入社しました。実際に入社してすぐの研修では技術系でありながら、生産の現場だけでなく販売の現場での実習もあります。自社で作られた鉄が他の製品に加工されていく工程、販売する先輩社員の働く姿、日新製鋼が作った鉄を買っていただくお客様という流れを見ることができ、非常に刺激になりました。このことで、日新製鋼の社員を育てようという気概とお客様中心主義が実感でき、日新の企業風土として根付いていると感じました。

  • 次の人を見る(技術系)
  • 技術系から探す
  • 先輩の紹介 インデックス