先輩紹介インデックス

現象には必ず理論がある。問題を解析し、結論へ導きより良いモノづくりへと活かすことが仕事です。

堺製造所 製造部 技術チーム
堺製造所
製造部 技術チーム
2014年入社/大学院卒・機械工学専攻
現在は、堺製造所製造部鍍金課に勤務。

「製造部」という部署は文字通りモノを造る部署です。そのため社内外からは、より良いモノをより安く、そして安定した品質でかつ安定した供給を日々継続することが求められます。中でも技術チームが担う役割は、お客様と現場との橋渡しとして技術的なアシストを実施することです。お客様や他部署からの要求を実際の製造現場において実現可能な方法に翻訳し、そしてまた製造現場で発生したことを解析して、配信及び改善していくのが仕事です。

堺製造所 製造部 技術チーム

原因がはっきりしていない問題点に対して、製造現場から徹底的にヒアリングを実施し、情報を集めながらそれを基に対策テストを実施する。トライ&エラーを繰り返しながら、実際に起きる現象に対して徐々に理論を固めていく。そうして完成させた理論で現象論を完璧に説明できたときの嬉しさは非常に大きいです。もちろん理論通りにいかないものも山ほどありますが、何故だ、何故だと奮闘する過程も自身の成長を感じることができます。
エンジニアの中でも製造現場に非常に近いため、他部署から頼りにして頂けることもしばしばあり、それが故に製造現場に詳しい必要があります。そのため学ぶための努力に対して、モチベーションを高く保つことも大切です。色々な人と関わる事が多く、様々な年代・立場の人とコミュニケーションを取りながら学ぶことができるのは、とても楽しいと感じています。

先輩からのメッセージ

堺製造所 製造部 技術チーム

就職活動において、とにかく重要なことは自分の軸を決めることだと思います。それが、現実的に自分の適性をしっかり見極めて設定したものでも、理想を追求した熱い想いでも、何でも構わないと思います。私は就活を通して自己PRや、志望動機、会社に入ってやりたい仕事などを説明する上で、そこに一貫性を持たせる事が大切だと感じたのです。何か特別な経験をしている必要はありません。ありふれたエピソードを軸に乗せ、同じようなストーリー展開で何度もアピールしたらいいと思います。その軸が私の場合は「人の和」であり、社員を大切にする企業風土を持った日新製鋼とマッチングしたのだと感じます。

  • 次の人を見る(技術系)
  • 技術系から探す
  • 先輩の紹介 インデックス