先輩紹介インデックス

グループ商品開発戦略本部・技術研究所

研究とはお客様のニーズに応える開発を行うこと。自分自身で考え、実行することが成長につながっています。

グループ商品開発戦略本部・技術研究所
加工技術研究部 加工第一研究チーム
2004年入社/大学院卒・機械システム工学専攻
現在は、グループ開発本部開発戦略センター開発企画チームに勤務。

近年、鉄鋼素材へのニーズが多様化・高度化してきているため、需要家に対して素材の供給だけではなく、技術的な支援も必要とされています。 こうした要望に応えるため、当研究部では日新製品の顧客への技術支援と新規加工技術の開発を実施しています。 その中で私はロールを用いた薄板造管における安定した正確な突き合わせ溶接の実現を研究中です。

研究所では、自ら考え、調べ、行動を起こすという一連の流れに沿っていることが強く感じとれます。 このような雰囲気の中に身を置くと、自己啓発を基本とする自分自身のステップアップにつながる環境なのではないかと思います。 今はまだ任された仕事を一つ一つこなしている状況ですが、多くの経験を積み、早く有能な戦力としてカウントされるようになりたいと思います。 そのためにも、自分のできる事を精一杯やっていこうと日々心掛けて仕事に取り組んでいます。

先輩からのメッセージ

就職活動は3段階で構成されていると思います。 「業界の絞込み」「企業研究」そして最も重要な「自分の売り込み」です。 まずは、パンフレットやHP、そして大学のOBの方からの情報も重要です。 私にとって具体的に直接聞けたことは大きなアドバンテージでした。 また少人数での全国の工場見学は、鉄鋼に関するいい勉強となりました。
最後の難関である面接では、自分に素直であってほしいとつくづく思います。 面接官に嘘やハッタリは通用しません。 私は志望動機を質問された際に、よくありがちな、着飾った受け答えをして5回程つっこまれてしまいました。 ちなみに「建て前」では、世の中を支えている電気・石油・鉄のうち地球環境や将来のエネルギー事情を考慮すると…「本音」は、趣味であるゴルフのクラブのシャフトを日新が作っていたからでした。 最後の最後に素直に答えたことが幸いしたのか、なんとか無事に採用を頂けましたが…。 自分を作ることなく、ありのままを伝えることが一番の早道ですね。

  • 次の人を見る(技術系)
  • 技術系から探す
  • 先輩の紹介 インデックス