先輩紹介インデックス

鉄という素材を知り加工技術を学ぶという一からの挑戦が、エンジニアとしても、一人の人間としても成長の幅も拡げています。

技術研究所 加工技術研究部 加工第一研究チーム
グループ開発本部・加工技術研究所
加工第一研究チーム
2007年入社/環境建設工学専攻科卒

仕事をする上で必要な知識は、普通は学生時代に学んだ専門知識が基礎となって応用(アイデア)へと展開されるべきものですが、私の場合、ほとんど社会人になってからより多くのより深い知識を学びました。 というのも学生時代は土木建築を専攻していたからです。

技術研究所 加工技術研究部 加工第一研究チーム

当研究部の仕事は、溶接やプレス、CAE解析などの要素技術を活用した商品開発と、当社製品の特徴を活かせる加工技術の開発および製品加工に関する技術支援を提案することです。 加工技術は製品を組み手立てていく上で不可欠な技術であり、加工技術を上手に使うには素材の特性を把握しなければなりません。 そのため私は鉄とその加工方法について一から学ばなければなりませんでした。
しかし、現在、溶接技術を中心とした私の業務は、当社製品のすべての鋼種(ステンレス鋼、表面処理鋼、特殊鋼など)に関わることができ、外部セミナーの参加を通して最新加工技術の動向を知ることもできるなど、エンジニアとして成長できる素晴らしい職場環境にあります。 また、商品開発をする上で重要な顧客情報や当社製品の特性などを生産・販売スタッフとコミュニケーションを重ねることで、人間としても成長できているのではないかと感じています。

さらに、将来的には建材分野だけでなく、自動車や家電分野など幅広い分野で、材料と加工技術の両面から技術提案ができるエンジニアとして活躍できる可能性があるのではないかと思います。

先輩からのメッセージ

技術研究所 加工技術研究部 加工第一研究チーム

私自身、材料・機械系専攻のイメージが強い鉄鋼業界は程遠い業界と感じていましたが、日新製鋼の製品は幅広い分野で活躍していると社員の方々から聞いて、その中に自分も活躍できる場があるのでは?と考えたことがきっかけでした。 ですから、短期間でもいいので新しいことに対してどんどんチャレンジし、体系的に色々なことを知る機会を作って欲しい。 知っておくと仕事に限らず後で必ず役に立つと思います。

  • 次の人を見る(技術系)
  • 技術系から探す
  • 先輩の紹介 インデックス