先輩紹介インデックス

実際に使う人が使いやすい設備にする。幅広く多様な視点で仕事することを心がけています。

日新製鋼建材㈱本社製造所鋼板工場 生産技術チーム
日新製鋼建材㈱本社製造所鋼板工場
生産技術チーム
2010年入社/
大学院卒・電子情報システム工学専攻

生産技術チームには、設備投資計画の立案・設備導入を行う建設グループと、既存設備のメンテナンスを行う保全グループがあり、私は建設グループで電気スタッフとして弱電系、強電系の区別なく幅広い業務を担当しています。 これまで、めっきした鋼板を冷却するエアージェットクーラーや、鋼板に薬液を塗布するロールコーターの制御システムの改造などを行ってきました。 改善したい問題点に対して計画を立案し、今まで「できなかったこと」を「できること」に変えていくことが私たちの役割です。 どちらも大きな案件でしたが、職場の先輩方の協力もあり、無事に設備を立ち上げることができて良い経験となりました。

日新製鋼建材㈱本社製造所鋼板工場 生産技術チーム

職場では、依頼部署の目的に適した設備仕様の提案や施工時の安全管理・指導を十分に行うことが求められます。 当社では、教育担当の方が基礎からしっかりと指導してくれることはもちろん、仕様検討のためヒアリングを行う場合にも、製造現場の方が丁寧に対応してくれます。 また、上司の方が仕事の内容を厳しくチェックしてくれるため、自分を成長させるという点でもとても良い環境だと感じています。

しかし、入社当時は、電気スタッフとしての視点でしか考えられず、導入した設備の操作が難しい等の指摘をオペレータの方から受けたこともありました。 今では、設備を導入する際には、オペレータの方が使う設備であるということを意識し、使いやすい設備にすることを心がけています。 そして、自分の専門である電気だけでなく他の分野の知識を習得し、多様な視点で物事を見ることができること、また、その知識を活かして「自分にしかできない仕事」ができるようになりたいと思っています。

先輩からのメッセージ

日新製鋼建材㈱本社製造所鋼板工場 生産技術チーム

会社とは20年30年と付き合っていくため、学校で学んだ専門分野に拘ることはありません。 そして、自分のやりたいことを具体的に説明できるようにしましょう。 でなければ、会社もあなたの希望に添えるかどうかを判断できませんし、入社したけどやりたいことと違った、ということになりかねません。 自分の考えをしっかりとまとめて、自分のやりたいことを理解してもらいましょう。

  • 次の人を見る(技術系)
  • 技術系から探す
  • 先輩の紹介 インデックス