先輩紹介インデックス

高炉メーカーには
男のロマンを感じます。

仕事をする中で自然と
情報伝達能力が身に付きます。
夢は中国マーケットを開拓すること。

日新製鋼建材㈱本社製造所商品センター生産推進チーム
日新製鋼建材㈱本社製造所商品センター
生産推進チーム
2017年入社/
グローバル・コミュニケーション学科卒

素材メーカーは消費者に直接渡る製品を作っていないので地味な仕事に見えます。でも目立ちませんが、実は自分の周りの製品に数多く使われている縁の下の力持ち的な存在です。その中でも鉄は一番多くのところで使われている素材の一つであり、スケールの大きな高炉などの設備に男のロマンを感じます。日新製鋼は高炉メーカーの中でも特殊な存在で、薄板製品の技術に特化しているメーカーです。そのような一つの技術に特化していることが実に興味深く、入社して世界中に日新製鋼の製品を拡販していきたいと考え、入社を決めました。

日新製鋼建材㈱本社製造所商品センター生産推進チーム

私が所属する日新製鋼建材㈱の生産推進チームは、工場全体の鉄鋼製品の生産計画の立案、工程組み立て、納期の進捗の確認、調整などを行う言うなれば工場の『脳』的な存在です。私はその中でメッキラインの工程担当として働いています。職場は、仕事なので当然厳しいところがありますが、その中には笑いもあり、楽しくやりがいを持って働くことができる環境です。私の仕事には、良好なコミュニケーションが必須なので、仕事をしていると自然と情報伝達能力が身に付いていきます。先輩方から多くのことを学び、今まで組み立てることができなかった工程を一人で組み立てることができるようになったときには、自分自身の成長を実感することができて、さらなるモチベーションの向上につながりました。

まずは工程担当として一人前になることが目標です。まだまだ未熟なところだらけで足を引っ張る場面が多いので、先輩を頼るのではなく、逆に頼られる存在になっていきたいです。また私は、学生時代に中国留学の経験があるので、中国で日新製鋼のマーケットを広げることにチャレンジしたいですね。

先輩からのメッセージ

日新製鋼建材㈱本社製造所商品センター生産推進チーム

私自身が就職活動は苦労しました。上手くいくことだけではなくESの段階で落とされたり、最終面接の段階で落とされたりしたときは、三日間ぐらいずっと落ち込んでいました。そんな私ですが、これだけは言えます『人生なんとかなる』。でも、決して手を抜いてはいけません。自分の目標に向かって精一杯やれば、おのずと結果が付いてきます。

  • 次の人を見る(技術系)
  • 技術系から探す
  • 先輩の紹介 インデックス