先輩紹介インデックス

化学専攻の知識を
表面処理鋼で活かすために
入社を決意。

希望をかなえるためにも
どんな仕事にも貪欲に取り組み
豊富な知識を身に付けていきます。

呉製鉄所品質技術部品質技術チーム
呉製鉄所
品質技術部品質技術チーム
2017年入社/大学院卒・物質・化学系専攻

私は大学で化学を専攻していました。ある時に大学で日新製鋼の社員の方の説明を聞く機会があり、鉄鋼業界でも化学の力を活用していることを初めて知って鉄鋼業界に興味を覚えました。それまでは全く意識していなかった業界でしたが、今まで学んできた化学分野の知見を活かせることと、ものづくりに関われることに魅力を感じ、鉄鋼業界で働いてみたい、そう思うようになったのです。日新製鋼は特に、化学の力を必要とする表面処理を得意とする会社です。自分の力を試し活かすことに挑戦する会社として最も理想的だと考えて入社を決意したのです。

呉製鉄所品質技術部品質技術チーム

現在私が所属する呉製鉄所の品質技術部品質技術チームは、JIS・ISO等の工業規格への対応、製品の品質設計・保証および品質の改善など、工場で製造される製品の品質に関わる仕事を担当しています。その中で私の担当は冶金管理という分野で、お客様のクレームや調査依頼への対応、試験製造材の冶金調査、品質の改善などが主な仕事の内容となっています。まだ調査の手順を一つ一つ学んでいる最中なので一人でできることは少ないですが、多くのことに挑戦する毎日を過ごしています。

現在の仕事は、大学時代に学んでない分野の知識が必要です。これまで学んできたことから離れるのは少し寂しい気持ちもありますが、違う環境に身を置き、新しい知識を取り入れるチャンスでもあります。一から学ぶことばかりなので分からないことだらけですが、少しずつ必要な知識を自分のものにしていきたいです。将来的に学んできた化学の知見を活かせるようになるためにも、どんな仕事でも前向きに取り組んでいきたいと思っています。

日新製鋼は、就職活動をしているときから社員の方の雰囲気が柔らかく、親しみやすい印象を受けました。面接の時も、こちらとしっかり向き合って聞いてくれていることが感じられましたし、研修期間中も担当の方がよく気にかけてくださいました。入社してみて、上下関係はあっても組織内で仲が良く、社内の風通しも良く、社員は皆良い人ばかりの会社で入社して良かったと実感しています。

先輩からのメッセージ

呉製鉄所品質技術部品質技術チーム

就職活動では、どの会社を受けるにしても「目的」を明らかにしておくことが大切です。志望度合いの高低に関わらず、その会社を選んだ理由があるはずです。それもなく、ただ数を受けるだけではESや面接に追われるだけで終わります。たとえ面接の時に言わなくても、自分の中では「今なぜこの会社を受けたのか」を持って就職活動をしましょう。もちろん、締切厳守と遅刻をしないことは最重要ですよ。

  • 次の人を見る(技術系)
  • 技術系から探す
  • 先輩の紹介 インデックス