先輩紹介インデックス

『入社1年目から多くの仕事を任せてくれる』
と言う先輩社員の声に導かれて
入社を決意。

自分のアイディアを形にできる
ノウハウを身に付けて
会社に収益をもたらせる社員を目指しています。

衣浦製造所生産技術チーム
衣浦製造所生産技術チーム
2017年入社/大学院卒・数理環境科学専攻

就職活動中の工場見学のときに、案内してくれた先輩社員の方が『入社1年目からでも、操業改善をはじめ色んな仕事をまかされる』という話をしてくれました。ものづくりの源となる「素材」を提供する素材メーカーを志望し、中でも人々の生活を支える「鉄」に魅力を感じていた私は、日新製鋼なら1年目からさまざまな仕事にチャレンジすることで自分を成長させることができると感じたので、入社することを決意しました。

衣浦製造所生産技術チーム

私が所属する衣浦製造所の生産技術チームは、技術企画・管理業務、熱延操業技術業務、購買業務、冷延操業技術業務と多岐にわたる仕事を担っており、ステンレス鋼帯の品質改善、生産性向上、歩留まり向上等を実現させて会社収益増加に貢献する重要な部門です。その中で私は、連続焼鈍酸洗ラインの主担当として、連続通板を損なう溶接部破断を解決するため、現場と協力して新溶接条件の突き止めや溶接機の不良改善等を行い、安定生産を実現させることを仕事にしています。

11月に、私が担当する焼鈍酸洗ラインの炉体を更新する工事がありました。その工事が終了した後、営業生産に移行して鋼板が問題なく通板される姿を目の当たりにした時は嬉しかったです。今回は先輩の補助的な役割でしたが、設備更新から営業生産までに必要な準備や流れを1年目にして体験できたことは、自分の成長に大きくつながると確信しています。

私の将来的な目標は、自分の考えた改善案を生産ラインに反映させ、収益をたくさん生み出せるような社員になることです。そのためには、現在のラインが抱えている問題点の抽出や改善案の検討を、日々行う必要があります。自分のアイディアを形にするために必要な知識を身に付けて、いずれは大型設備の改造案件を自分が主導して推進できるようになりたいです。

先輩からのメッセージ

衣浦製造所生産技術チーム

会社という組織や職務内容の実態は、インターネットの情報や就職本だけでは全く分かりません。自分が興味を持った会社があれば必ずその会社に足を運び、会社の人と話をしてみてください。そして会話を通して、自分のイメージと合うかどうか考えてください。そのうえで「入社したい会社」、「やってみたい仕事」を絞り込んでいけば良いでしょう。

  • 次の人を見る(技術系)
  • 技術系から探す
  • 先輩の紹介 インデックス