先輩紹介インデックス

ステンレス鋼に付加価値を付与する
造管技術を担当。

大規模施設を有する業界で
学生時代に培った電気の知見を活用し
後世まで残る施設を造ることが夢です。

日新製鋼ステンレス鋼管㈱製造部技術グループ
日新製鋼ステンレス鋼管㈱
製造部技術グループ
2017年入社/電気電子工学科卒

私が所属する日新製鋼ステンレス鋼管(株)は、日新製鋼周南製鋼所で製造された多品種かつ高品質のステンレス鋼にさらなる付加価値を付与するために3種類の造管技術を用いて造管を行っている会社です。当社の特徴は、用途やニーズに応じて溶接方法を選択することができる点です。私は現在、種類の造管技術の中でレーザ造管ラインの操業を担当しています。仕事の内容は、ステンレス鋼管に関する生産技術の管理として新技術開発、技術改善、設備導入などの企画、推進を行っており、また日々の操業のフォローとして現場のトラブルシューティングや開発・改善案件を進めています。

日新製鋼ステンレス鋼管㈱製造部技術グループ

職場はオンとオフの切り替えがはっきりしていることが特長だと感じています。諸先輩も気軽に声をかけてくださり、相談や報告しながら仕事を進めることができる環境です。また、社員数が他の事業所と比べ非常に少ないため、一人の守備範囲が広くさまざまなことを経験できることも自分の成長につながると思っています。

鉄鋼業界は大規模な設備を有しています。そのような大きな設備を扱うスケールの大きい仕事がしてみたかったので、当社を希望しました。私は学生時代に電気を専攻していたので、その知識を活かして新規設備の提案や既存設備の管理計画を立案し、自分の関わった大規模な設備を事業所内に多く残していきたいと思っています。そのためにも仕事をする上で、人との関わりを大切にすること、常に現場に足を運び状況を把握できるようにすること、現場の要望を聞き理解し現場が求める要求どおりの仕様となるように考え第3者に伝えること、を大切にしていきたいと考えています。

先輩からのメッセージ

日新製鋼ステンレス鋼管㈱製造部技術グループ

視野を広げること、一つのことに固執することなくさまざまな分野や業界に目を向けることで可能性が広がると思います。そして、自分のやりたいこと、またはできることは何か熟考することが大切です。

  • 次の人を見る(技術系)
  • 技術系から探す
  • 先輩の紹介 インデックス