先輩紹介インデックス

装置産業に身を置くことで
ものづくりの粋を極めたい。

工場は多くの人と要素が関わる仕事
だから必然的に風通しは良いし
学べることも豊富にあるんです。

衣浦製造所設備チーム
衣浦製造所設備チーム
2017年入社/応用理工学科卒

私は、もともと装置産業に興味がありました。そして装置産業の中でも昔から花形であった鉄鋼業を志望していました。特に設備の業務はオーナーズエンジニアリングと呼ばれ、単純に設備を立ち上げるだけでなく、使いこなすところまで必要とされるため、ものづくりの粋を極めることができると思います。そのような鉄鋼業界の中で、「お客様中心主義」を掲げる日新製鋼は、業界の中でも独特の立ち位置を持ち、その経営理念に則った活動をしていることに共感し、入社を決意したのです。

衣浦製造所設備チーム

私が所属する衣浦製造所の設備チームは、工場における設備の立ち上げや改造によって工場の生産性を改善すること、設備を安定稼動させるためのメンテナンスをすることが主な仕事です。前者を「設備技術」、後者を「設備保全」と呼び分けますが、現在の私の業務は主に、冷間圧延などの冷延ラインに属する設備に対して、多くの協力会社と協力して「設備保全」を行うことです。具体的に言うと、設備の中で定期的にメンテナンスを必要とする部分を洗いだして工事を計画したり、トラブルが発生した際に設備復帰のための対策を立てたりしています。

設備の仕事というのは、一個人の仕事で完結することは絶対にありません。必ずいろいろな人と協力し、時には議論をしながら仕事を進めていくことになります。したがってお互いに協力することを前提に、皆オープンに接するため、風通しがとても良い職場環境になります。また日新製鋼は若さを大切にする気風があるので、私も多くのことを体験させてもらえています。現在もとても珍しい工事案件に関わらせてもらっています。やる気さえあれば、どこまでも成長できる会社であることは大きな魅力です。

工場というのは本当にたくさんの要素で成り立っています。そのため学べることも実に豊富です。大なり小なりより多くの案件に関わることで、多くを学び最終的には製造プロセスなど、ものづくりのより上流で議論し活躍できる人材となれるよう、今後とも精進していきたいですね。

先輩からのメッセージ

衣浦製造所設備チーム

『将来仕事をするために大学で学んだほうがいいことはなんですか』という質問をよく聞きます。専門的な知識に関しては『勉強してください』としか言えませんが、実務に臨むにあたって覚えておいてほしいことは、今まで会社をここまで大きくしてきた偉大な先輩方も、これから就職する皆さんと同じような学生経験を経て会社に入り、活躍しているということです。実験結果をまとめてレポートを作成したことや、研究室の先輩や教授の協力を仰ぎながら研究を企画し論文発表をした、という経験は会社に入ってからも応用が利くので、きちんと大学を卒業できたなら自分のスキルに対してある程度の自信を持って良いと思いますし、企業もそこに期待していることは忘れないでください。

  • 次の人を見る(技術系)
  • 技術系から探す
  • 先輩の紹介 インデックス