先輩紹介インデックス

研究の仕事を通して
製品が利用されている最終型を
自分の目で見ることができる。

皆が一生懸命仕事に取り組む中で
今日よりも良い明日を迎えるため
焦らず休まず成長し続けます。

グループ開発本部表面処理研究所表面処理第一研究チーム
グループ開発本部
表面処理研究所表面処理第一研究チーム
2017年入社/物理工学科卒

私は、日新製鋼の一番の主力製品であるZAM®などの研究・開発を行う表面処理研究所で、自動車向けの溶融めっき製品の研究に従事しています。自動車解体部品の調査やサンプル作成による耐食性等の評価およびそのメカニズムの研究などを通して、当社製品の優位性や改善点を見つけ新製品の開発や新用途の開拓につなげることが目的です。

グループ開発本部表面処理研究所表面処理第一研究チーム

研究所は社員一人一人が、各々が持つテーマの成果を出すために働いています。そのため、共同で一つの研究に取り組むことは多くはありませんが、常にチーム内でお互いの研究を見守るような雰囲気があるので、新入社員の私でも不安になることはありません。失敗を恐れずに何にでも挑戦しながら、多くのことを学び成長できる環境が整っています。

研究という仕事は実際の車を分解する自動車解体調査などを通して、当社の製品が実際に利用されている姿を確認することができます。現場実習の時に大きなコイルを見ても、最終的にそれがどのように使われるのかイメージできませんでしたが、自動車のどこにどう使われているのかが分かった時は、単純に嬉しかったものです。

日新製鋼は、上司や先輩、同期など魅力的な人が多い会社です。皆さん仕事に一生懸命で、自分も負けずに頑張ろうと思える雰囲気があります。毎日働いていると、良いときも悪いときもありますが常にそのときのベストを尽くすことで今日より少しでも良い明日を迎えられると信じています。これからも焦らず休まず成長し続けたいと思っています。

先輩からのメッセージ

グループ開発本部表面処理研究所表面処理第一研究チーム

選択をするときに、正解なのか間違いなのかは分かりません。しかし、その選択によってしか得られない経験がきっとあるはずです。私は、あなたたちと一緒に働きたいと思っています。勇気をもって飛び込んできて下さい。

  • 次の人を見る(技術系)
  • 技術系から探す
  • 先輩の紹介 インデックス