事業領域と活動

鉄の秘められた無限の可能性に、日々挑戦しています。

暮らしに、産業に、社会に活躍する日新製鋼の「ファインスティール」。

日新製鋼は、鉄鋼業界の中で自動車、建材、家電・情報機器を3大需要分野とし、表面処理製品、ステンレス鋼製品、特殊鋼・普通鋼製品などの高付加価値な製品を生産・販売する銑鋼一貫メーカーです。 表面処理の分野では、明治末の創業当初から亜鉛鉄板の製造を行うなど、その優れた耐食性と美しい表面肌により、市場で高く評価されています。 また世界トップクラスと言われているステンレス分野は、転炉脱ガス法やセンジミア・ミルの連続化など種々の新技術を開発導入し、常に業界をリードしてきました。 また、特殊鋼・普通鋼の分野でも、特にみがき帯鋼は品質・数量とも国内トップの地位にあります。

さらに、近年では、従来品と比較し10~20倍も耐食性を高めた新めっき鋼板ZAM®(溶融亜鉛-アルミ-マグネシウム合金めっき鋼板)を開発。 こうした日新製鋼の製品は、建築、土木、家電、自動車、情報機器、産業設備など、社会の幅広い分野で活躍しています。

国内販売、海外活動、研究開発、生産体制(工場)をクリックすると それぞれの事業活動を紹介するページへ移動することができます。

国内販売 海外活動 研究開発 生産体制(工場) NISSHI STEEL