• ホーム
  • お知らせ
  • バックナンバー
  • 日新製鋼ギャラリー「東京の手技と金属 ―すみだモダン-」のご案内
印刷をする

日新製鋼ギャラリー「東京の手技と金属 ―すみだモダン-」のご案内

2013年1月7日

本展示会では、鉄や銅などの金属を素材にした、手仕事の技術をご紹介します。展示する石宏製作所のはさみ、根岸産業の如雨露(じょうろ)、塩澤製作所の錺(かざり)金具は、いずれも墨田区による「すみだモダン(すみだ地域ブランド)」認証商品です。江戸から続く歴史や地域文化を受け継いだ、魅力あるものづくりとして評価されています。本展示を通して、いつの時代も変わらぬ「ものづくりの本質」を感じていただきたいと思います。

1.展示内容

石宏製作所のはさみ、根岸産業の如雨露、塩澤製作所の錺製品と、製造に使う道具を展示し、制作工程を紹介。モニターでは制作風景や工房の様子の映像を流します。また、会場の中心には塩澤製作所による「神輿」実物を展示します。

2.製作者紹介

<石宏製作所>
昭和45(1970)年に先代が創業。創業時から、医療用はさみの製造を行う。平成4(1992)年、現代表が会社に入り修行を開始するも、当時は、はさみの加工の一部工程のみを行っていた。まもなく先代が他界。廃業の危機を迎えたが、剪刃部会のネットワークを駆使して修行を行い、はさみづくりの全工程を学んだ。2012年、「東京スカイツリー」オープニングセレモニーのテープカットに当製作所の裁ち鋏が使われた。より使いやすいはさみを作るため、日々研鑽を重ねている。

<根岸産業有限会社>
昭和23年(1948年)創業。トタンで一般向けに如雨露を作っていたが、盆栽用如雨露を研究し、転換。日本に残る唯一の盆栽用如雨露メーカーとして現在に至る。その商品は海外のBONSAI愛好家にも人気が高く欧米各国に輸出されている。2006年には天皇陛下に、特別注文品を製作・ご購入いただく。
内閣総理大臣賞など数多くの受賞歴があり、春花園BONSAI美術館を主宰する盆栽作家、小林國雄氏も絶賛。「春花園BONSAIオンラインショップ」でも販売している。

<有限会社塩澤製作所>
昭和16年(1941年)創業、屋号:かざり工房しおざわ神輿、神社仏閣、神仏具の錺金具を鏨(たがね)の手仕事で作り続けている。すみだマイスター認定。墨田区伝統工芸保存会会員。パルティーレすみだ作る創るの会会員。
すみだ地域ブランド戦略平成21年度「ものづくりコラボレーション」事業に参加。先代の塩澤 幹が15歳から墨田区石原町の錺職、 佐藤岩次郎氏に弟子入りし、神輿・神仏具の錺彫刻を師事。創業以来、深川・浅草を始め、都内・千葉・神奈川・埼玉・茨城、その他約500基の神輿の錺金具を制作してきた。

3.「東京の手技と金属 ―すみだモダン-」について

いずれも、ステンレス、銅、真鍮などの素材の特徴を活かし、昔ながらの技で一つ一つていねいに作られています。実物を目にすると、その力強さ、美しさ、機能性に圧倒されることと思います。また、中心に飾られた神輿は、実際に墨田区で使用されているものです。祭りの時期に合わせて組み上げられるため、普段人目に触れる機会はなかなかありません。今回の展示では、一尺五寸と小型ですが、本格的な装飾をほどこした神輿を近くでじっくりご覧いただけます。会場の一角に再現した鏨打ちの作業風景とあわせて、錺職人の技の見事さを感じてください。

展示会の概要

展示会名:「東京の手技と金属 ―すみだモダン-」
開催場所:日新製鋼ギャラリー(千代田区丸の内3-4-1/新国際ビル1F)
※JR有楽町駅から徒歩3分
開催期間:2012年1月7日(月)から3月22日(金)/閉会日は予定
※月曜日~金曜日(祝祭日は除く)午前9時~午後6時
  入場料:無料