• ホーム
  • お知らせ
  • バックナンバー
  • 日新製鋼ギャラリー「ステンレスアート 中嶋大道の世界」のご案内
印刷をする

日新製鋼ギャラリー「ステンレスアート 中嶋大道の世界」のご案内

2011年3月7日

 この度、日新製鋼本社1階「日新製鋼ギャラリー」の展示内容を更新しましたのでお知らせいたします。
 今回は、独自の世界を構築する彫刻家中嶋大道氏の作品展「ステンレスアート 中嶋大道の世界」です。
中嶋氏の手により生命の息吹を吹き込まれたステンレスの彫刻は、その造形と意匠に独特の魅力があり、光を受けて多彩な表情を見せます。会場では6つの作品と直接的にふれ、中嶋氏の世界を目と肌で体感できますので、是非お越しください。

1.展示内容(中嶋大道氏の作品から)

「水辺にてⅠ」「水辺にてⅡ」「遠くみえるかい」
「オトシブミ」「カブトムシ」「八日蝉の朝」

2.アーティスト紹介

中嶋 大道 (NAKAJIMA DAIDO)

1944年 長野県穂高町(現長野県安曇野市)に生まれる。木彫をベースに創作活動を始めた。 後に金属溶接に興味を持ち、それを学ぶ。鉄、アルミニウム、真鍮などの金属素材に挑戦、試行錯誤を繰り返しながらステンレスにたどりつき 『ステンレスを溶接して作品をつくり出す』独自の世界を構築。1983年に日展彫刻部に入選(以降9回の入選)するなど、 活躍を重ねて毎年多くの作品展に出展。ステンレス鋼からつくり上げる巨大な昆虫や動物など、見て、さわって、 感じることのできる彫刻を中心に、現在も精力的に創作活動を継続している。

3.「日新製鋼ギャラリー」の所在地および開場時間

(1)所在地

東京都千代田区丸の内3丁目4-1(新国際ビル 1階)

(2)開催期間

2011年3月7日(月)から2011年5月13日(金)まで
月曜日~金曜日(祝祭日は除く) 午前9時~午後6時

(3)備考

入場は無料です。