• ホーム
  • お知らせ
  • バックナンバー
  • 日新製鋼ギャラリー「ジェフ・チャップリン展 “A Lifetime of Service”」のご案内
印刷をする

日新製鋼ギャラリー「ジェフ・チャップリン展 “A Lifetime of Service”」のご案内

2010年12月28日

この度、日新製鋼本社1階「日新製鋼ギャラリー」の展示内容を更新しましたのでお知らせいたします。
今回は、2008年6月に引き続き2回目の展示となる「ジェフ・チャップリン展」です。 “A Lifetime of Service”(年月を経て、『味』は深まり『美しさ』も増す。トタンも、また、人も・・・)をテーマとして、 アーティスト、ジェフ・チャップリン氏が、北海道の風景の中で「時間が刻まれた亜鉛鉄板」を撮影し、 あるいはゴム印刷といった手法で表現したアートの世界をご紹介いたします。
ジェフ・チャップリン氏の世界が最も詰め込まれた作品は、北海道の原風景の一つである 「古い小屋のトタン壁」を撮影した「MOON STAR」シリーズをはじめとする作品群です。 古いトタン板は、家主によって何度も塗装が施され、年月をかけて自然の柄が刻み込まれていきます。 それは、地元の厳しい自然や歴史の断片、北海道のドキュメントをあらわした自然が生み出す美しい芸術作品となっています。
ギャラリーでは、彼の作品の中から、「MOON STAR」シリーズの作品や古くから伝わる技法であるゴム印刷の作品など13点を展示しています。また、期間をPart1、Part2に分け、後半では一部作品の入れ替えを行います。 お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りいただきたく、ご案内申し上げます。

※ジェフ・チャップリン氏の作品「MOON STAR」シリーズは、日新製鋼の登録商標「MOON STAR」が刻印された鋼板が題材となっています。

1.展示内容(ジェフ・チャップリン氏の作品から)

「A Lifetime of Service(ピンホール写真)」
「奈江の納屋:世界遺産?」「赤の月星」「荒波」「縦横の錆模様」
「シャドウランド」「梯子」「青の月星*」「緑の月星*」
「北海道?鴨?人間?*」「パステルの月星*」
「月星ゴム印刷『青』*」「月星ゴム印刷『金/赤』*」
「海岸線**」「魚**」「隠れる月星**」「消えてゆく・・・**」
「月星ゴム印刷『赤』**」「月星ゴム印刷『琥珀色』**」
「*」Part 1 のみの展示、「**」Part 2のみの展示

2.アーティスト紹介

ジェフ・チャップリン Geoff Chaplin

英国レスター市出身。ケンブリッジ及びオックスフォード大学で数学を専攻。 英国王立グリニッジ天文台や米国キット・ピーク天文台に勤務。同時に天文写真をも手がける。 その後、金融界に移り20年以上金融機関に勤務。同時期にカナダのウォータールー大学客員教授を兼任。北海道に在住。アーティスト。

3.「日新製鋼ギャラリー」の所在地および開場時間

(1)所在地

東京都千代田区丸の内3丁目4-1(新国際ビル 1階)

(2)開催期間

2010年12月28日から2011年2月28日まで
(Part1:2010.12.28~2011.1.28、Part2:2011.1.31~2011.2.28)
月曜日~金曜日(祝祭日は除く) 午前9時~午後6時

(3)備考

入場は無料です。