印刷をする

株主・投資家のみなさまとの関わり

日新製鋼グループは経営の透明性を高めるため、株主・投資家のみなさまをはじめとするステークホルダーの視点で、タイムリーかつ公正な企業情報の開示に努めるとともに、常に情報の質の向上を目指しています。

IR情報開示の方針

当社では経営方針・戦略、財務・業績などの情報を開示するにあたり、データおよび事実関係の確認・検証を慎重に行い、適正な開示に努めます。開示においては、関連法令および証券取引所の定める開示規則を遵守しています。

重要情報については、その重要度・緊急性・必要性に応じて、適宜、マスメディアへのリリース、記者会見または説明会などにより速やかに開示します。適時開示規則には該当しない情報についても、当社が一般に公表すべきと判断した場合は、マスメディアへのリリースなどを通じて自発的に開示します。

株主・投資家のみなさまとの対話

主なIR活動として、株主総会、開示規則に従った四半期ごとの決算発表、年4回の決算説明会に加え、年間約200件を数えるアナリストや国内外機関投資家のみなさまとのミーティング、さらに個人投資家向け説明会などを行っています。第2四半期と通期の決算発表には経営幹部も参加し、株主・投資家のみなさまと直接対話し、ご意見を経営にフィードバックするよう努めています。

WebサイトIR情報ページでの情報提供

当社WebサイトのIR情報ページには、詳細な情報を開示・提供するさまざまなメニューを設けております。トップメッセージや中期連結経営計画をはじめとした「経営方針・戦略」、銘柄の基本情報や最新の株価情報などを閲覧できる「株式情報」、5年分の業績ハイライトおよび財務データをまとめた「財務・業績」、最新の決算短信および決算説明会の資料・動画などをご覧いただける「IR資料」など、株主・投資家のみなさまが必要とされる情報をタイムリーにわかりやすくご提供しております。

さらに情報開示の都度、ご登録いただいたみなさまへIR情報メールを配信する「D-ir net service(ディア・ネットサービス)」も活用し、迅速、正確、公正な情報提供を目指しています。

主なIR関連ツール