印刷をする

リスクマネジメント

日新製鋼グループでは、お客さまへ当社の製品、技術、サービスを安定的にお届けするため、リスクをいち早く察知・把握し、適切にコントロールするための仕組みを構築し運営しています。

リスクマネジメント体制

環境保全、安全・防災、品質管理、情報管理など各部門で発現する可能性があるリスクを含め、当社グループの事業に重大な影響のあるリスクを一元的に管理すべく、社長を委員長とするリスクマネジメント委員会を中心とした体制を整備し、全社的なリスクマネジメント活動を推進しています。

重要リスクと管理体制

重要リスク 内容 管理体制
経営戦略 会社経営を行うなかで戦略的な意思決定を行う際に発生するリスク 取締役会、経営会議
コンプライアンスリスク 法令、社会的規範やこれらに基づく社内規定類に違反することにより、当社グループの利益や信用力が大きく損なわれるリスク コンプライアンス委員会
業務プロセスリスク 通常の事業活動に関わるリスク リスクマネジメント委員会

危機対応とBCP(Business Continuity Plan=事業継続計画)

地震や大災害等の重大なリスクが発現し、当社グループの事業存続に重大な影響を受けるような事態となった場合は、直ちに社長を本部長とする「危機対策本部」を設置して全社的な危機対応を実施します。さらに、危機対策本部長が必要と判断した場合は、BCPに基づく緊急対応を実施します。

当社の危機対応の体制とBCP

当社の危機対応の体制とBCP

BCPの具体的な取り組み

当社は危機対応を発動する場合に備えて具体的な体制の整備を推進しています。

主要生産ラインが事故等で長期に停止するリスクへの対応策と緊急時対応についてBCPを策定しました。引き続き不測の事態が発生した場合においても、お客さまに対する商品・技術・サービスを中断させることなく提供する、または早期に再開できるように事業継続体制の構築を図ります。

また、首都直下型地震により本社機能が停止する当社事業の中断を想定した「本社被災時のBCP」を策定しました。緊急時には西日本の当社拠点において本社機能を代行できるようマニュアルに沿って想定訓練を実施しています。

このような活動を通じて、強固な企業基盤を構築していきます。

BCPの具体的な取り組み