印刷をする

エコマネジメント

日新製鋼グループでは、環境保全への貢献を経営の重要な基本の一つとし、「環境と人にやさしい商品」を通じて地球温暖化防止や省エネルギー、省資源、廃棄物削減などを積極的に推進しています。

環境マネジメント

環境保全基本方針

1.生産工程における環境負荷低減活動
ISO14001*1認証の環境マネジメントシステムを軸として、大気、水質、土壌等への環境負荷低減に取り組むとともに、事業活動全段階において省資源、省エネルギー、リサイクルの推進に取り組みます。
2.環境保全に貢献する商品(エコマテリアル)の提供
お客さまのニーズや社会動向、LCA*2的視点を踏まえた環境配慮型商品(エコマテリアル)を開発することにより、環境調和型社会、循環型社会の構築に貢献します。
3.日新製鋼グループの全員参加
当社グループでは、原材料の購入から製品の輸送、副産物の再資源化、環境保全型プラント開発に至るまで、グループ全事業を連携させて環境負荷低減活動に取り組みます。
また地域社会の一員として、環境問題の重要性を認識し、市民、行政、他企業とコミュニケーションを図りながら環境保全活動や地域づくりに努めます。
  • *1 ISO14001:国際標準化機構の環境マネジメントシステムに関する規格
  • *2 LCA:鉄鋼LCAは、製鉄原料の採掘、輸送から鉄鋼商品が出荷されるまでの間に使用される資材やエネルギー、排出される物質を明らかにし、それが環境に与える影響を評価する手法です。これにより環境負荷の小さい商品や生産プロセスの選択が可能となります。現在、世界鉄鋼協会、日本鉄鋼連盟、ステンレス協会で鉄鋼商品のLCAを研究しており、当社も環境と人にやさしい商品提供のために参画しています。

環境保全に関する行動指針

  • (1)自主技術・商品開発を通じた社会貢献
  • (2)環境アセスメント体制の強化
  • (3)省エネルギーの推進(低炭素社会実現への貢献)
  • (4)社員各層への地球環境意識の徹底
  • (5)環境管理システムの永続的自主改善
  • (6)地域融和の維持

環境保全協定の締結・遵守

当社の各製造所では、自治体と環境保全協定(公害防止協定)を締結しています。この協定は、大気・水質・廃棄物・騒音・振動・悪臭等環境に関するすべての範囲をカバーするとともに、各地域の特性を配慮し、法令よりも厳格な基準値が設定されています。環境関連法やこれらの協定を遵守し、環境に配慮した事業活動を推進しています。

環境管理推進体制図
環境管理推進体制図

ISO14001 認証取得状況

ISO14001認証取得状況
事業所 取得年月日 登録範囲 登録番号
衣浦製造所 1997/10/2 ステンレス鋼および耐熱鋼の圧延鋼材の製造に係わる事業活動 E-013
堺製造所 1998/3/2 鋼板および鋼帯(熱間圧延製品、冷間圧延製品および表面処理鋼板製品)の製造に係わる事業活動 E-027
呉製鉄所 1999/1/25 鉄鋼製造並びに廃棄物の処理(混合・造粒)および再生に係わる事業活動 E-054
大阪製造所 1999/3/5 鋼板および鋼帯の製造に係わる事業活動 E-061
周南製鋼所 1999/3/5 ステンレス鋼板および鋼帯並びに耐熱鋼板および鋼帯の製造に係わる事業活動 E-064
東予製造所 2001/9/20 鋼板および鋼帯製品(熱間圧延・冷間圧延・溶融めっき各製品)の製造に係わる事業活動 E-326
グループ会社ISO14001認証取得状況
事業所 取得年月日 登録範囲 登録番号
日新製鋼
ステンレス
鋼管(株)
2000/6/22 溶接ステンレス鋼管の製造に係わる事業活動 E-146
日新製鋼
建材(株)
2001/5/25 金属板の加工(ロール成形、裁断、プレス、樹脂との複合化等)並びに表面処理(塗装、溶融亜鉛めっき)および加工品の組み立てにおける
①省エネルギー(電力およびガス使用量の削減)、
②省資源(製品歩留り向上)、
③廃棄物の削減と再資源化、
を推進するための環境マネジメントシステム
JSAE381
日本鐵板(株) 2004/4/23ほか 鉄鋼製品、金属類、建設材料、金属加工機械、電機・電子機器の販売およびコンピュータシステムの開発・販売・修理 初期登録
C2004-01018
月星アート
工業(株)
2006/1/21 ステンレス鋼板およびその他金属部材を使用した意匠製品の設計、製造および加工、営業 YKA400 3540/J
月星商事(株) 2006/3/24 鉄鋼製品および建設部材の卸売および事務所活動 MSA-ES-507
日新鋼管(株) 2010/3/25 鋼管の製造および販売に係わる事業活動 E-2086

環境アセスメント体制

当社は、環境アセスメントシステムを構築して、生産工程の環境・防災アセスメントを行っています。購買、製造、販売、リサイクルに関するアセスメントは、環境マネジメントシステムに基づいて実施し、商品開発においては、環境保全、環境改善に寄与する商品開発のための商品アセスメントを行っています。また、環境調和型社会に適合する商品を開発するため、LCAの活用も検討しています。

環境会計

環境投資額累計
環境投資額累計
省エネルギー投資額累計
省エネルギー投資額累計

環境教育の実施

当社は、社員に対し、環境マネジメントの考え方や管理体制についての一般教育、特別教育、内部環境監査員教育、法資格取得教育などの環境教育を、年間計画に基づいて実施しています。

環境交流会への参加

当社は、鉄鋼業各社の環境管理の向上を目的に、日本鉄鋼連盟が2007年度から開催している環境交流会に毎年参加し、各社と環境管理活動に関する情報交換を行っています。

2015年9月18日に開催された第9回環境交流会では、地域とのコミュニケーションの取り組みについて討議しました。

グループ会社環境情報連絡会の実施

当社グループでは、原料の入手から製造、開発、製品の物流、副産物のリサイクルや環境プラントの製作など、それぞれの段階で環境保全活動に取り組むとともに、年2回の環境情報連絡会を開催し、共通テーマに関する情報交流や改善事例の横展開、法規制動向の周知徹底などを行っています。

環境保全活動の歩みと2015年度活動実績

環境保全活動の歩み

環境保全活動の歩み

2015年度の目標と実績

2015年度の目標と実績